調剤薬局 薬剤師のやりがいってどんなところにあるの?

調剤薬局の薬剤師は、やりがいをどんなところに感じていると思いますか?

「薬についての知識やアドバイスが人の役に立った時」「患者さんにありがとうと言われた時」など、私たち薬剤師は、薬剤師として社会に貢献できることがやりがいに繋がることが多いですよね。

調剤薬局で薬剤師のやりがいを見つけるには

調剤薬局 薬剤師のやりがいってどんなところにあるのでしょうか?

調剤薬局では、私たち薬剤師は、医師の処方箋に従って調剤を行い患者さんに薬の説明をして薬をお渡しします。

患者さんが安全に服用できるように指導し、必要があれば相談にものります。処方箋の内容に問題があれば、担当医師に疑義照会も行わなくていはいけません。

患者さんに間違った薬を服用させないように最終チェックをする大切な役割もあります。

このように、一つ一つとても重要な業務を実際の調剤薬局では、とてもスピーディーに対応していかなければいけませんね。

時には、患者さんから「早くしてくれ」「余計な説明はいらないから、早く薬を渡してくれればいい」など言われてしまうこともあります。

私たち薬剤師は、そのような中でも、薬剤師の仕事の必要性を多くの人に理解していただき、頼りにされる薬剤師を目指して毎日の業務に取り組んでいきたいですよね。

処方箋の薬を渡すだけ、と思われがちの調剤薬局薬剤師なのですが、日常の業務一つ一つにやりがいが隠れているんですよ。

調剤薬局 薬剤師のやりがいアップを目指して

調剤薬局の薬剤師は、やりがいを感じて毎日業務に取り組めているのでしょうか?

毎日の日常業務をこなすことに手一杯で、1日が終わると残るのは疲労感のみ。そんな状態の人も多いかもしれませんね。

「もっと、患者さんに寄り添って仕事がしたい」「もっと自分の専門性を活かしたい」「もっとスキルをアップしたい」

そんな気持ちを毎日の忙しさにかき乱され、忘れかけていませんか?

各種勉強会に参加する。認定薬剤師の資格をとる。などできることは色々あると思います。しかし、毎日の業務をこなしつつ、自らの知識や技術を高める努力をすることは大変なことですよね。

仕事終了後に自分で時間を作り勉強するということも重要ですが、一番大切なのは日々接する処方箋内容、患者さんからの質問、相談といった毎日の仕事から勉強することなのではないでしょうか。

もし、あなたが自分の薬剤師としてのやりがいに満足できず、キャリアや将来像に悩んでいるのならば、それは今いる場所で学ぶべきことを学び終えてしまったからかもしれませんね。

新しいことを学べる環境を探してみるのもいいかもしれませんよ。

調剤薬局で薬剤師のやりがいを満たす

調剤薬局 薬剤師は、やりがいのある仕事です。しかし、調剤業務にも慣れてきて、日々の処方箋内容も見慣れてくると、扱う薬も同じ薬が多くなり毎日の業務が単調なものに思えてくることもあると思います。

そんなときには、新しい仕事に触れてみると、新鮮な気持ちで仕事を感じられると思いますよ。

新しい仕事とは、あなたが思いもよらなかった色々なことをあなたに経験させてくれます。知らないことがたくさんあるということは、あなたが一番成長できるということなのですよ。

「新しい仕事」というと、すぐに転職と考えてしまうかもしれませんが、例えば、チェーン店のある調剤薬局なら、進んで違う店舗へ行く機会をもらうなど、勤務異動ではなくても、人手不足の期間にヘルプとして他の店舗へ手伝いに行くなどでも良いと思いますよ。

他には、勤務場所はそのままでも、今までしたことのない仕事に積極的に取り組むなどもいいと思います。

慣れないことをするというのは、正直面倒くさいと考えてしまうかもしれませんね。

でも、今の状態に少し退屈さを感じている、自分の成長スピードを感じられなくなっている場合は、環境を変えることの効果は大きいと思います。

より環境の変化を求めようと思う場合は転職という選択肢もありますね。ただし、転職を選択する場合は、今の職場を失うことになるので、慎重に取り組んでくださいね。

しっかりと情報を集めて、よく条件を検討してからの方が良いのは、もちろんですが、働きながらの転職活動は思っている以上に心身ともに疲れます。

例えば、1人で考え込んでしまうと、新しい職場に対する不安ばかりがわいてきてしまうという方が、転職サイトに登録することで解決されていました。

転職サイトに登録すると、コンサルタントがあなたの希望や不安をきちんと聞いてくれて、条件に合った求人を探してきてくれます。

やはり、誰かに相談できるというのは安心感が大きいですよね。適切な情報をしっかり持っている相談相手がいるというのは、心強いと思います。

転職を考えている方は、転職サイトに登録は、メリットがたくさんあるので選択肢として考えてみた方がいいかもしれませんね。

このように、色々な形で私たち薬剤師としてのやりがいを見つけ、自分を成長させる道を選んでみて下さい。

このページの先頭へ