調剤薬局の薬剤師 未経験でも大丈夫?

調剤薬局の薬剤師は未経験OKという求人をよく見かけますが、実際、調剤未経験で転職する人はどのようなことに気を付けて転職したらいいのでしょうか?

また、調剤未経験での転職の場合、転職後どのような状況なのか不安に感じる方も多いともいます。調剤薬局の薬剤師へ調剤未経験で転職する場合について詳しく紹介しますね。

調剤薬局の薬剤師 未経験でも採用する理由

調剤薬局の薬剤師へ、未経験でも問題なく転職することはできます。

その理由として、薬学部を卒業して国家試験に合格している時点で、基本的な薬学的知識はあるということが保証されているからです。

実際の調剤スキルや服薬指導のスキルについては、多くの薬剤師は就職後に身につけているので、調剤未経験の薬剤師も同様に調剤、投薬の基本を一から教育すればよい人材になるというのが採用する調剤薬局側の意見です。

そのためにも、転職先となる調剤薬局の教育システム、労働環境、給料など様々な情報を集めてから転職先を決めないといけません。

教育、研修システムがしっかりしていない調剤薬局では、配属してすぐ調剤、投薬をするように言われるところもあります。

それでも、徐々に調剤業務には慣れてきますが、自分のやり方が正しいのか不安を抱えながら仕事をすることになってしまいそうですね。

他にも、勤務時間中は忙しすぎて何も教えてもらえない調剤薬局、教育システムといっても、本を読むだけの調剤薬局、様々な調剤薬局があるので注意して転職先を選んでください。

調剤薬局の薬剤師 未経験での転職、その後はどんな感じ?

調剤薬局での薬剤師は、未経験で転職したあと、どのように調剤業務を覚えていくのでしょうか?

ある調剤薬局では、中途入社者向けの集合研修が行われ、調剤全般の知識、接遇、電子薬歴システムの使い方などの説明が行われる所もあります。

実際に調剤薬局で働き始めると、先輩薬剤師のフォローのもとで、分包機の使い方や調剤を覚えていきます。

処方箋のデータ入力や調剤報酬の算定、処方薬の一包化、薬歴の記載など徐々にできる仕事の幅を広げていきます。

4~6か月くらい経つと処方内容の監査、調剤済み薬の監査など、責任ある仕事もできるようになってきます。

このように覚えなければいけない仕事はたくさんあり、基本的な仕事の流れを他の薬剤師と同様にできるようになっていくだけでも大変なのです。

さらに、薬剤師として働くには、薬や疾患についての知識も深めていくことが重要となってきます。

薬について勉強することに関しては、各種勉強会、e-ラーニングなどの教育システムを持っている調剤薬局が多いですね。

最終的に、薬の知識を深める勉強は、どれだけあなたが積極的に取り組むかにかかっています。

患者さんが間違った飲み方をしてしまわないための服用方法のチェック、患者さんが誤った投与量の薬を服用することがないよう投与量のチェック、併用薬の相互作用のチェックなど、様々な知識を身につける必要があります。

調剤薬局の薬剤師 未経験での転職 失敗例

調剤薬局の薬剤師 未経験から挑戦した場合、大きな環境の変化に伴い、転職後、精神的にバランスを崩してしまうことがあります。

R子さんは企業で品質管理の仕事を5年間していました。薬剤師として調剤の経験をしておきたいと思い調剤薬局に転職しました。

研修制度があるという調剤薬局を選んだのですが、土日や帰宅後に自分でひたすら勉強をして、テストを受けるという状況です。

土日や帰宅後の時間を使って勉強していますが学生時代のように覚えることができず、苦労していました。

職場の先輩薬剤師からは、「早く仕事を覚えて一人前の仕事をしてもらわないと困る」と常にプレッシャーをかけられていました。

とうとう、精神的に限界を感じ仕事を辞めてしまいました。

未経験から調剤薬局への転職で失敗してしまったR子さんは、しばらく自分は薬剤師としては二度と働けないのではないかと不安を抱えながら働くことを迷っていました。

そんなR子さんを心配した、友人が転職サイトに登録をして転職先を探すことを勧めてくれました。転職サイトに登録後、コンサルタントに前回の失敗を相談しながら、慎重に転職先を探しました。

実は前回の転職は、何となく名前も聞いたことがある調剤薬局だし、ホームページを見て良さそうだったので、すぐにホームページから応募しました。

そのまま、薬局見学などもすることなく就職が決まりました。

今回は、R子さんの希望の勤務条件や調剤未経験という条件をコンサルタントに伝え、いくつか条件に合う調剤薬局を探してもらい、そのすべての薬局に見学に行きました。

薬局の雰囲気やそこで働く薬剤師の印象なども充分考慮し、転職先を選ぶことができました。

前回の失敗は、実際に働く調剤薬局の見学をしなかったことに原因があるようです。R子さんはいくつもの調剤薬局を見学に行くと、その後断る時に嫌な思いをするのではないかと思い、見学をしなかったのです。

採用する会社の人事担当者は、未経験でも薬剤師人数確保のため、人格、コミュニケーション能力に問題なければ、積極的に採用します。

しかし、実際に一緒に働く現場の薬剤師は、未経験者より即戦力の薬剤師が欲しいと思っているなど、人事と現場のギャップがある場合があります。

そうすると、人事では歓迎されて転職していますが、現場の調剤薬局では、「早く、一人前の薬剤師として働いて欲しい」「一度言ったことは覚えて!!」などプレッシャーがあることは当然です。

そのようなプレッシャーと、若い時のように新しい情報を記憶していくことができない苦労からR子さんは、心身ともに疲れてしまったのです。

転職サイトに登録をすると、見学後のお断りの連絡はコンサルタントが仲介役として行ってくれます。

そのため、今回の転職ではR子さんは気になる調剤薬局をいくつか見学し、のんびりとしたペースで仕事ができる調剤薬局を転職先として選びました。

実際に働いてみると、先輩薬剤師が空いた時間に、よく出る処方内容について、注意すべき薬の副作用についてなど親切に教えてくれています。

テスト形式の研修などはないですが、現在働いている調剤薬局で扱っている薬について、徐々に覚えていっているところです。

自分のペースでゆっくりと勉強ができていることもあり、R子さんも徐々に薬剤師として働ける自信を取り戻してきています。

調剤未経験での転職は、どのような調剤薬局があなたに合っているか自分でもわからないことがあります。

そんな時は転職サイトに登録してみることがいいようですね。経験豊富なコンサルタントが仲介役として立ってくれるので、どんな調剤薬局があなたにあっているのかアドバイスをくれますよ。

様々な成功例も失敗例も見ているコンサルタントだからこそわかることもあるはずです。登録は無料ですので、一度登録してみるといいと思いますよ。

このページの先頭へ