調剤薬局の薬剤師資格のこれから

調剤薬局の薬剤師は、資格と言えば薬剤師国家資格を持っていれば働けます。薬剤師国家資格とは、大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験を受験して、その試験に合格した人だけが与えられる資格ですね。

平成18年から薬学部は6年制となりました。では、旧薬学部4年制卒の薬剤師と6年制卒の薬剤師には、何か資格として違いは出てくるのでしょうか?

調剤薬局 薬剤師の資格、6年制卒と旧4年制卒とでは、給料に違いはあるの?

調剤薬局 薬剤師の資格として、6年制卒と旧4年制卒とでは、今のところほとんど給料に違いが生じているようなことはありません。

これから先、旧4年制卒の薬剤師資格では不利になるのでは?と考えてしまうかもしれませんね。

実際に6年制卒の薬剤師は、約半年間という長い間薬局病院実務実習を行い、臨床能力に長けた薬剤師を目指し教育されてきています。

6年制になり、各大学薬学部の偏差値が下がり、定員割れをしている大学もあるという局面もありますが、各大学が臨床能力の高い薬剤師の養成に向けて必死に取り組んできていますよ。

薬学部学生たちは、今まで以上に熱心に勉強に取り組んでいる様子も伺えます。

将来的に、6年制卒の薬剤師と旧4年制卒の薬剤師とのレベルの差が大きくなれば、給料に違いが出る日もくるかもしれませんね。

また旧4年制薬学部卒で、ブランクがある場合、他職種からの転職で実務経験が乏しい場合、ペーパー薬剤師の場合は新卒の6年制薬剤師より能力的にマイナスとみなされてしまうかもしれません。

旧4年制卒薬剤師も6年制卒の薬剤師も共に、常に最新の専門知識を学び、薬学知識と技術を高める必要がありますね。

調剤薬局の薬剤師、資格をキャリアアップさせるには?

調剤薬局での薬剤師は、資格をキャリアアップさせるためにどのような取り組みをしているのでしょうか?

一般的なのが、日本薬剤師研修センターなどが実施する研修認定薬剤師という資格に取り組むことが思い浮かびますね。

あなたの周りでも取り組んでいる薬剤師は、多いのではないでしょうか。研修会や学会などへ参加して一定以上の単位を取得することで認定される資格です。

常に新しい医学的知識を吸収していかなければならない私たち薬剤師として、この資格を持っているということは、薬剤師として新しい薬学知識を学び続けているという目安になりますね。

さらに専門知識を高めたいと思っている薬剤師には、専門的な認定制度もありますが、残念ながら多くは専門医のいる医療機関での一定期間以上の勤務経験が必要であり、病院薬剤師を対象としたものです。調剤薬局薬剤師には取得が困難なものが多いですね。

専門薬剤師の認定を受けるための第一歩が、まず、各種専門部門の認定薬剤師になることで、その後専門薬剤師へつながっていくシステムになっています。

専門性のある認定制度には、次のような専門薬剤師の認定があります。

・がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師

・感染制御専門薬剤師、感染制御薬物療法認定薬剤師

・精神科専門薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師

・妊婦・授乳婦専門薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

・HIV感染症専門薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師

など様々な種類の専門薬剤師がありますが、これらは、病院薬剤師を対象としたもので、調剤薬局に勤務する薬剤師にとっては、事実上取得できにくいものが多いです。

その中でも調剤薬局薬剤師の取得可能な専門性のある認定制度があるのです。一部紹介すると、

・漢方・生薬認定薬剤師

・緩和薬物療法認定薬剤師

・プライマリケア認定薬剤師

・日本褥瘡学会認定師

などがあります。

これらの認定制度は、研修会などへ参加によって一定以上の単位を得た上で、その分野に関する症例報告を行い、さらに試験に合格しなければならない場合がほとんどです。

決して簡単に取れるものではないのですが、挑戦してみる意欲さえあればあなたのキャリアをアップさせ、やりがいにつながると思いますよ。

調剤薬局 薬剤師の資格をもっと価値の高いものへ

調剤薬局での薬剤師は、資格を持っていることは確かですが、薬剤師としての実務経験年数、技術、知識に関しては、個人差が大きいことが事実です。

薬剤師国家資格は一度取得すれば、実際の業務経験がある、なしに関わらず、新しい薬学知識を勉強しているかどうかも関わらず、薬剤師資格として一生有効です。

実際に、常に新しい知識を吸収してキャリアを重ねている薬剤師とそうでない薬剤師を見分けることはできません。

そこで、各種認定薬剤師の資格を持っていることが薬剤師としての信頼につながりますね。

また、さらに専門性のある認定薬剤師にチャレンジしてみることも大きくキャリアアップにつながります。

これらの、薬剤師資格をランクアップさせる取り組みについては、各調剤薬局によって積極的にそこで勤務している薬剤師に薦めているところと、そうでない所と様々です。

もし、あなたが毎日の調剤業務だけでは、物足りなくなってきたら、このようなあなたの薬剤師資格を高めるための取り組みに積極的な調剤薬局へ転職してみるのもいいですよ。

しかし、通常の求人情報だけでは、その調剤薬局がどのような取り組みをしていて、在籍している薬剤師にどのようなキャリアアッププランを用意してくれているのかは、わからないことが多いです。

そんな時は、転職サイトに登録してみるといいですよ。コンサルタントが、あなたの希望をしっかりと聞いてくれて条件に合った求人を探してきてくれます。

登録は無料なので、どのような求人があるかだけでも見てみると、これからの参考になるかもしれませんよ。

このページの先頭へ