メディカル一光の薬剤師は、患者さんへの心づかいを第一にしています

メディカル一光の薬剤師は、患者さんのため、地域社会のために良質の医療・介護を提供したいと考えています。

メディカル一光は、調剤薬局に来局される患者さんの気持ちに寄り添うことができるように、薬剤師を育成してくれる会社ですよ。

メディカル一光は、薬剤師にとってどんな魅力のある企業なの?

メディカル一光で薬剤師として働きたいあなたが知りたい企業情報を紹介しますね。

メディカル一光の本社は三重県津市にあり、三重県、愛知県、関西圏をメインに「フラワー薬局」93店舗展開する中堅規模の調剤薬局チェーンです。(2015年時点)

昭和60年に三重県津市に調剤薬局を初出店し、その後、大阪、愛知、福井、北海道など県外へ店舗数を増やしています。

三重に41店舗、大阪9店舗、京都9店舗、愛知13店舗、山梨1店舗、神奈川1店舗、滋賀3店舗、兵庫4店舗、福井4店舗、埼玉2店舗、北海道2店舗、島根1店舗、奈良1店舗、静岡1店舗、という店舗展開になっています。

メディカル一光の大学新卒者の初任給は271,000円~340,000円で、中途採用者の初任給は経験、能力により優遇となっています。

中途採用の際、初年度年収は年齢、経験を考慮し年収430万円~600万円となり、パートの時給は1,800円~となっています。

諸手当として、薬剤師手当、時間外手当、認定薬剤師手当、皆勤手当、研修手当、通勤手当、様々な手当が用意されています。

休日は、年間123日、年次有給休暇、夏季休暇3日、年末年始休暇4日、特別休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、などがあります。

福利厚生としては、各種社会保険、借上社宅、財形貯蓄、従業員持株会、退職金、定期健康診断、団体扱生命保険、団体扱自動車保険、全店舗薬剤師賠償責任保険加入、奨学金返済支援制度、などがあります。

平成9年には、イオンと資本提携を行っています。イオンは、メディカル一光の約25%株式を有し筆頭株主となっています。

大手企業がバックにつくことによる信用度の向上は、資金調達面でプラスに働き、調剤薬局を経営、発展させるためには必要不可欠となってきていますね。

平成22年2月には、メディカル一光は大手調剤薬局チェーンのクオールと業務・資本提携を結んでいます。

これにより、店舗の開発や運営、薬剤師の教育などに関するノウハウをクオールと共有・発展していくことが可能となりました。

メディカル一光は、様々な方面で手を結び、良いところを吸収し合い成長していっている企業のように思われます。

メディカル一光の薬剤師の仕事

メディカル一光の薬剤師の仕事は、どんなところに特徴があるのでしょうか?

メディカル一光では、調剤薬局での薬剤師の仕事を専門知識を用いた接客業として考えています。患者さん1人ひとりを大切にする心と笑顔を忘れず、仕事に取り組むよう指導されています。

メディカル一光の薬剤師の1日は、薬局内の清掃、外回りの掃除、花壇の水やりから始まります。

メディカル一光では、常に患者さんが快適に過ごせる空間を提供しており、花壇には常に花があるように心がけるなど、細やかな気配りがされています。

処方箋を受け取ると、まず処方箋内容と薬歴、問診票を見て、用法・用量や飲み合わせのチェックなどの処方監査を行います。

次に薬剤師が、処方箋に従い迅速かつ正確に調剤を行います。必要に応じて一包化などの分包も行います。

調剤した薬剤師とは別の薬剤師が監査を行います。しっかりとダブルチェックを行った後、服薬指導を行います。最終的には患者さんと一緒に薬に間違いがないか再度確認して薬をお渡しします。

調剤過誤を起こさないための仕組みもしっかりとしており、薬剤注意プレート、ダブルチェック、散薬監査システムなどの取り組みが行われています。

2歳未満の乳幼児の処方箋については、通常の監査に加えて、調剤したその日のうちに再確認を行うというチェックシステムもあります。

他の大手調剤薬局メーカーでは、管理薬剤師は薬局の運営・経営状況まで管理するよう求められることも多いのですが、メディカル一光では、管理薬剤師や薬局長に店舗ごとの営業成績を求められることはありません。

本部から加算点数を取るように強制されないため、薬剤師と患者さんが自然な形で対応することができます。

このような面でも、メディカル一光は、薬剤師が患者さんに対する業務に専念して働ける環境を整えてくれていると言えますね。

管理薬剤師や薬局長になっても、薬剤師業務に専念して働きたい人にはおすすめですね。

また、メディカル一光ではヘルスケア事業として、有料老人ホームやグループホームなど居住系介護施設22施設を持ち、介護サービスの提供も行っています。

在宅医療にも積極的に関わっていく機会がありそうですね。

メディカル一光は薬剤師と患者さんのために最善を尽くしています

メディカル一光は、薬剤師のため、患者さんのため、両方の立場を考え配慮してくれている会社だと思います。

研修制度や入社後のフォローアップ研修などが充実していることは、薬剤師にとっては安心ですね。3週間の新人研修の後も3年間で6回のフォローアップ研修を行ってくれますよ。

その他、年に2回の教育セミナーや講演会なども用意されています。さらに研修認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、などの資格取得も積極的にサポートしてくれます。

メディカル一光では、1つの店舗あたり、処方箋枚数に対して余裕のある薬剤師人数を確保してくれていますよ。

処方箋枚数が1日平均70枚の調剤薬局の場合、通常薬剤師は2人いれば十分と考えられるところ、メディカル一光では3~4人確保してくれていたりします。

働く薬剤師のことを考えてくれ、利益だけを優先しない会社の温かさを感じますね。年収はあまり高くありませんが、働きやすさには定評があります。

しかし、店舗によっては、同じ県内に1~2店舗とメディカル一光の店舗が少ない場合もあります。その場合、お休みをとる際に少し苦労するようです。

もちろん休みを取ることは可能ですが、その際、薬剤師が不足する場合は、県外の店舗からヘルプの薬剤師に出張して来てもらう必要があります。

うまくヘルプの薬剤師が来てもらえるようシフトが組めればいいのですが、タイミングが悪くどこからもヘルプの薬剤師が確保できないということもあります。

同一県内に多数店舗がある場合は、問題なく代わりの薬剤師確保ができるのですが、店舗数の少ない県の場合、どこの中規模調剤薬局チェーンでも欠員薬剤師の補充は難しい場合がありますよね。

そのような場合のことも考えて、メディカル一光では薬剤師を通常より多めに薬剤師を確保してくれているのかもしれませんね。

また、患者さんのことを第一に考えるメディカル一光では、患者さん向けのサービスも充実していますよ。

患者さんが待ち時間の間に快適に過ごせるように、待合室にお茶やコーヒーを用意するだけでなく、マッサージ機、メガネ洗浄器、携帯充電、などまで用意してある店舗もあります。

雑誌、新聞、絵本などの種類も豊富で、患者さんのために必要な経費は会社が積極的にお金を出してくれます。

薬剤師の身なりにも厳しいドレスコードがあります。髪型、化粧、髪の色に関しては、カラーNoの制約もあります。靴下の色は白色、靴も白色、ネイルは禁止など、接客業として身に付けなければいけないマナーも身に着けることができますね。

調剤薬局によっては、白衣の中の服装、髪の色やネイルに関して自由なところも多くあるので、知らないで転職すると、転職してから少し戸惑うかもしれませんね。

それぞれの調剤薬局によって、会社の方針や目指しているものは異なります。そこで、働く薬剤師は、その調剤薬局の目指しているものを共に分かち合い、共感して仕事に取り組めなければいけませんね。

あなたが目指している薬剤師の姿と会社が育てたいと思っている薬剤師の姿が一致していることが理想的です。

もし、転職しようと考えているのなら、あなたがどのような薬剤師を目指していて、どのような調剤薬局を選ぶべきなのかよく考えないといけませんね。

そんな時は、転職サイトに登録すると多くの情報を入手することができますよ。

様々な調剤薬局チェーン情報に詳しいコンサルタントが、あなたの理想の調剤薬局を紹介してくれます。

気になる調剤薬局に直接見学に行くこともできます。実際に行って見てみると、現場の調剤薬局の雰囲気もわかりますよね。

もし、あなたの希望に合わなくても、コンサルタントを通じてお断りの連絡ができますので、あなたに精神的な負担はかかりません。登録は無料なので、一度登録してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ