調剤薬局で薬剤師の人数どれくらい?取り巻く環境で働きやすさは違いますよ!!

調剤薬局って薬剤師の人数どれくらい、いるのでしょう?

もし働くとしたら、何人くらい薬剤師がいるのが働きやすいのだろう?

私たち薬剤師にとって、労働環境として薬剤師の人数は重要なポイントです。あなたも気になりますよね。

調剤薬局の薬剤師人数の配置基準を覚えていますか?

調剤薬局の薬剤師 人数は、薬事法の薬局及び一般販売業の員数を定める省令において、定められています。国家試験の勉強のとき、薬事法を勉強しましたよね。

その調剤薬局の処方箋、1日平均取り扱い枚数40枚で薬剤師1人(眼科、耳鼻咽喉科及び歯科の処方箋は数の2/3かけた数として換算)

その端数を増すごとにもう1人を加えた数配置すること、となっています。要するに、取り扱う処方箋枚数によって、人数が変わってきます。

取り扱う処方箋枚数が多い調剤薬局では多くの薬剤師が必要となり、少ない処方箋枚数なら少ない薬剤師の人数ということになりますね。

調剤薬局の経営者としては、この配置基準最低限の薬剤師数は確保しなければいけません。

調剤薬局の薬剤師 人数はどれくらいが働きやすい?

調剤薬局での薬剤師は、人数が多い場合と少ない場合と働きやすさにはどんな違いがあるのでしょうか?

大学病院や地域の基幹となる総合病院の門前調剤薬局の場合、取り扱う処方箋枚数も多く、薬剤師の人数は7~8人くらい配置されています。

しかし、個人クリニックの門前調剤薬局の場合、薬剤師の人数は3~4人、少ないところでは2人の調剤薬局などもありますよ。

どちらが、良いかはあなたの考え方次第ですが、具体的に考えてみましょう。

大学病院や総合病院の門前調剤薬局

薬剤師の人数が多いということは、扱う処方箋枚数が多い=忙しいということです。

特に午前中の忙しい時間帯は、周りの薬剤師と協力して処方箋に対処するため、テキパキとした無駄のない動きが要求されます。

でも、薬剤師の人数が多いということは、勤務調整はしやすいですよ。事前に分かっている休みなら問題なく取れます。

個人クリニックの門前調剤薬局

薬剤師人数が3~4人という調剤薬局は、急な休みによる薬剤師の欠員がでてしまうと、残された薬剤師の抱える仕事量が急増します。

1日の仕事が回らなくなってしまうこともありますね。

また、もしあなたがプライベートで数日有給をとって旅行に行きたいと思った時、残された薬剤師が連日勤務となってしまいますね。

それを考えると簡単にはまとまった休みをとりにくいという話を聞きます。結果として、旅行はお盆や正月といった調剤薬局の営業が休みの時にしか行きにくいかもしれません。

でも、調剤薬局の中にはチェーン展開しているところも多くあります。

一つの調剤薬局にいる薬剤師人数は少なくても、会社自体が抱えている薬剤師人数が多ければ、欠員を他の店舗から補充してもらえることもできます。

このように調剤薬局によっては、私たち薬剤師の働きやすい環境を整えてくれているところもありますよ。

調剤薬局の薬剤師 人数って結構ギリギリ!?

調剤薬局の薬剤師 人数は有資格者であるという制限と人件費の高さから、どうしても最低限の人数で押さえられているところが多いのです。

給料面で良い求人だとしても、休みがとれず、病気をしても出勤しないといけないという過酷な労働環境ではあなたは辛いですよね。

実際に、代わりの薬剤師がいないなら休むことは難しいですよね。

私たち薬剤師の労働環境を左右する要素として、薬剤師の人数以外にも大切なのが実は事務さんの人数なのです。

薬剤師以外に調剤薬局で働いている医療事務や薬局事務の人達が、様々な雑務を引き受けてくれているかどうかで私たち薬剤師の働きやすさは変わってきますよ。

保険請求に関することやお金の出入り、掃除や患者さまの受付業務など、私たち薬剤師をサポートしてくれている強い味方なのです。

この事務さんたちに恵まれている調剤薬局では、私たち薬剤師は快く仕事をすることができます。

調剤薬局での薬剤師の場合、限られた人数で毎日の仕事をこなしていくことになります。

経営者及び薬局長がどの程度そこで働く私たち薬剤師の労働環境を考えてくれているのかは、正直給料や求人情報ではわからないことが多いのです。

あなたも給料がいいだけで仕事を選んでしまったら、その後、すぐに転職を考えることになるかもしれませんよ。

色々な情報を収集したいけど、いざ面接の時に「休みの取りやすさ」とか「仕事量に対して薬剤師の数が足りているか」とか根ほり葉ほり聞きにくいですよね。

そんな時は転職サイトに登録してみるといいかもしれません。

コンサルタントの人が仲介役として立ってくれるので、直接は聞きにくい情報もきちんと収集でき、複数の求人の情報を比較してあなたに合う調剤薬局を選ぶことができますよ。

このページの先頭へ