調剤薬局 薬剤師の時給ってどれくらい?

調剤薬局で薬剤師の時給は、相場どれくらいだと思いますか?現在、正社員として働いている人もパートで働いている人も、他の薬剤師がどれくらいの時給で働いているのか、みんな気になりますよね。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 求人おすすめポイント

調剤薬局の薬剤師 求人は比較的豊富にあり、いつでも求人がある状態ですね。一昔前の薬剤師のイメージを今でも持っている人は、これからもずっと好条件で転職できると思いがちかもしれません。しかし、私たち薬剤師を取り巻く環境は、大きく変わりつつあるのですよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の給料ってどうなの?

調剤薬局 薬剤師の給料は高いのか?低いのか?薬剤師の仕事は、薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格した人しか働けない職種です。そのため、一般企業と比べると高い初任給が提示されていますね。私たち薬剤師の給料は、昇給があまりないので長い目でみると、ずば抜けて高収入とは言えませんが、安定した収入が魅力と思われています。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の年収多い?少ない?

調剤薬局の薬剤師は年収どのくらいもらっているのでしょうか?私たち薬剤師の給料は需要と供給のバランスで決まります。薬剤師が不足気味の地方では高い年収が提示され、薬剤師が過剰に存在する地域では安い年収となるのが一般的ですね。でも、他にも年収の違いが発生する要素が色々あるのですよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 退職金相場ってどれくらい?

調剤薬局の薬剤師は、退職金をどれくらいもらえるのでしょうか?自己都合で転職する場合、長年勤めて定年退職の場合、退職金が貰える機会には様々な状況がありますよね。私たち薬剤師は、どのような状況でどれくらい退職金を貰えるのでしょうか?
続きを読む

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局へ転職する場合

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局へ転職しようと思う時、どのようなことを考えて転職に踏み切るのでしょうか?現在の調剤薬局の職場環境に不満がある場合、給料に不満がありキャリアアップを目指している場合、引っ越し、転居に伴う転職の場合など様々な状況が考えられますね。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師へブランク後の再就職

調剤薬局の薬剤師へブランクがあり再就職する場合、不安なことがたくさんありますよね。5年、10年とブランクが長ければ長いほど不安要素が大きくなります。調剤薬局の求人では、未経験者OK、ブランクOKという求人が多くみられますが、実際はどうなのでしょうか?ブランク後の再就職を成功させるにはどのようなことに気をつけたらいいのか紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の志望理由の書き方教えます

調剤薬局 薬剤師の志望理由を考えるとき、私たち薬剤師は困ってしまうことが多いようですね。なぜかと言うと、私たち薬剤師は、薬剤師の国家資格を持っていると就職に苦労しない、給料においても安定しており、パートでも高時給で働けるなどを魅力と感じて薬剤師になった人が実は多くいます。転職の際の志望理由には、そういう労働条件がよいとか、条件的なメリットを感じていること以外に薬剤師としてあなたがどんな働き方をしていきたいかを伝える必要があります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 面接時の質問ってどんな感じ?

調剤薬局の薬剤師 面接時に質問されることってどんなことでしょうか?一般企業では、転職の時、面接があり、志望動機や自己PRなど質問されたことに答える場面があると思いますが、調剤薬局の面接では少し様子が違います。では、薬剤師が調剤薬局に転職する際、どのように面接が行われていくのか紹介しますね。
続きを読む

薬剤師の「ドラッグストアから調剤薬局へ転職するポイント」教えます

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職する場合、どのようなタイミングで、どのようなことに気を付けてみんな転職するのでしょうか?
続きを読む

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職する場合

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職しようと思う時、どのようなことを求めて転職を決めるのでしょうか?病院薬剤師の求人は、新卒採用がほとんどで、求人数にも限りがあります。調剤薬局に比べると狭き門となります。そんな狭き門を潜り抜けた病院薬剤師でも、転職したくなる時とはどんな時でしょうか?やりがいを求めて病院に勤務している人が多い中、それでも職場環境に不満がある場合、給料に不満がある場合、結婚などに伴う転居、など様々な理由で病院から調剤薬局への転職を考える薬剤師がいることは事実です。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の将来性「薬剤師過剰時代をどう乗り切るのか」

調剤薬局 薬剤師の将来性を考えると、これから先、厳しくなっていくことが予想されるという言葉をよく耳にしますが、現在のところ、就職先も給料も特に大きな変化はなく安定している状態です。これから、どのような変化がでてくるのでしょうか?
続きを読む

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職しようと思ったら

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職しようと思った場合、ほとんどの場合スムーズに転職活動は進んでいきます。私たち薬剤師は、薬剤師免許さえあれば、調剤未経験の他職種からでも、調剤薬局への転職は簡単にできるというのが現状ですね。
続きを読む

調剤薬局での残業事情 薬剤師の本音

調剤薬局の残業は、薬剤師にとって避けては通れないことかもしれませんね。私たち薬剤師の仕事は、患者さん相手の仕事ですし、明日へ回すことのできない仕事も多くあります。調剤薬局に来られる患者さんが多く、忙しい日には、もちろん残業をすることがあります。病気でお薬を必要としている患者さんがすぐそこにいるのに、薬局の営業時間が終了したので閉店しますと言う対応はできませんよね。また、限られた薬剤師人数で多くの仕事をこなさなければならず、慢性的に薬剤師人数が足りない調剤薬局では残業が常態化しているところもあります。一人当たりの仕事量を減らして、残業をなくすには薬剤師人数を確保しなければいけません。しかし、経営者側にとっては、薬剤師を多く確保することは経営的に難しい面が出てきてしまいます。
続きを読む

「調剤薬局を辞めたい」と薬剤師が思うとき

調剤薬局を辞めたいと薬剤師が思うときとは、きっと仕事や労働環境に対して何か不満があるときですよね。多くの薬剤師は、どのような不満から辞めたいと思ってしまうのでしょうか?また、辞めたいと思ったときに気をつけないといけないことはどのようなことなのでしょうか?もし、あなたが現在勤めている調剤薬局を辞めたいと思ったら、辞めたいという感情に流れてしまう前にしっかりと考えなければいけないことを紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 昇給に対する不満や疑問

調剤薬局 薬剤師の昇給は、一般的な会社員や公務員の人と比べると曖昧で不明瞭な点が多いのが現状です。私たち薬剤師は、薬剤師国家試験に合格した人しか働けない職種なので、一般企業と比べると高い初任給が提示されていますね。しかし、昇給があまりないので長い目でみると、高収入とは言えないかもしれません。多くの男性薬剤師にとっては、そのことが悩みの種になっているようです。
続きを読む

このページの先頭へ