調剤薬局の薬剤師 求人おすすめポイント

調剤薬局の薬剤師 求人は比較的豊富にあり、いつでも求人がある状態ですね。一昔前の薬剤師のイメージを今でも持っている人は、これからもずっと好条件で転職できると思いがちかもしれません。

しかし、私たち薬剤師を取り巻く環境は、大きく変わりつつあるのですよ。

調剤薬局の薬剤師 求人これからどうなる?

調剤薬局での薬剤師 求人は、常に豊富にあり、選べる状態であるのが現状ですね。

しかし、平成18年から薬剤師教育が6年制になり、28校もの薬学部が新設されています。これから、薬剤師の人数が増えていくことが考えられます。

厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、

「平成22年発表」 

薬剤師の人数:27万6517人

       男性10万8068人

       女性16万8449人

薬局:14万5603人

病院:5万2013人

医療関係企業:4万7256人

大学:7538人

   

「平成24年発表」

薬剤師の人数:28万0052人

       男性10万9264人

       女性17万0788人

薬局:15万3012人

病院:5万2704人

医療関係企業:4万5112人

大学:5249人

このデータから見ると、私たち薬剤師の人数は3535人1.3%増加しています。

大学、医療関係企業に在籍している薬剤師数は減っていますが、病院、薬局の仕事に従事している薬剤師数は増えていることがわかりますね。

詳しくみてみると、薬局の従事者は前回(平成22年)に比べ7409人、5.1%増加し、病院診療所の従事者は691人1.3%増加しています。

全体的に薬剤師人数は増加していて、特に薬局従事者の増加率が大きいことがわかりますね。

現在のように、調剤薬局の薬剤師 好条件の求人が豊富にある状態がこれからもずっと続くことは保障できません。

調剤薬局 薬剤師の求人チェックポイント

調剤薬局 薬剤師の求人は常にあって、いつでも転職できるというのが、今までの薬剤師の感覚ではないでしょうか。

確かに、これまでは薬学部の数は少なく、薬学生の人数も少なかったため薬剤師免許さえ取得していれば、私たち薬剤師は就職先が充分にありました。

私たち薬剤師は、ブランクがある薬剤師でも、実務経験のないペーパー薬剤師でも働ける求人も多く存在しました。現在もまだ、薬剤師の資格さえ持っていれば求人はあるという状態ですが、これから先は変わってくるかもしれませんよ。

調剤薬局 薬剤師の求人には正社員やパート様々な勤務形態がありますが、どんな勤務形態で働くにしても、自分を成長させてくれそうな職場を選んでいくことが大切だと思います。

また、ペーパー薬剤師の人は、短時間でも働く機会を今から得て仕事に慣れていくことをおすすめします。

子どもが大きくなってから再び働こうと思っていると、好条件の求人も見つかりにくくなり、自分の適応能力も年齢を重ねるごとに衰えていき、あなたが思い描いているような社会復帰ができないかもしれません。

今までの薬剤師は処方箋通りに薬を準備し、飲み方を患者さんに説明するだけが調剤業務でした。

現在では、処方箋内容を薬の専門家として評価し、患者さんの服薬実態を確認し、副作用や飲み方の注意点を伝え、また、必要に応じて医師との連携を取りながら効果的な薬物治療が行われるようにするということまでが調剤業務となってきています。

調剤薬局によっては、患者さんの家を訪問し服薬指導や薬剤の管理指導などを行う在宅医療に取り組んでいるところもありますね。

もし、あなたが今までの調剤業務のみを行っているようでしたら、もう少しレベルアップできる環境を探してみるといいかもしれません。

これからの薬剤師として社会が求めているものに近づけ、よりやりがいを感じながら仕事に取り組めると思います。

調剤薬局 薬剤師の求人で自分に合っているものを見つける。

調剤薬局 薬剤師の求人は数多く見かけますが、これから先、薬剤師を取り巻く環境が変わり、今のような好条件の求人が少なくなってくるかもしれません。

今ならまだ薬剤師の求人は、短時間のパートでも大丈夫であったり、勤務地を選べたり、高賃金のものなど様々な条件があり自分に合った条件を選ぶことができますよね。

でも、求人情報から知ることができる内容は労働時間、賃金などの情報しか分からないことが多いですよね。

もっと、具体的に知りたいことがある場合、あなたならどうしますか?

求人先に確認してみるのは、少し気が引けますよね。

例えば、交通費の支給についてとか、車で通勤する際に駐車場があるかどうかとか、有給は勤務してどれくらいの期間がたてば取得できるかどうか、など些細なことであればあるほどききにくいですよね。

面接の時に尋ねるという方法もありますが、できれば面接を受ける前段階で詳しい情報を入手して転職の候補を選びたいとあなたも思いますよね。

そんな時は、転職サイトに登録してみることをおすすめします。些細なことから、重要なことまで様々な疑問にコンサルタントが対応してくれますよ。

何より、大切な転職の際に相談できる相手がいるということが、精神的な負担を和らげてくれますね。

1人で考え込まず、登録は無料なので登録してみることから始めてみると良いと思いますよ。

このページの先頭へ