調剤薬局で薬剤師の人数どれくらい?取り巻く環境で働きやすさは違いますよ!!

調剤薬局って薬剤師の人数どれくらい、いるのでしょう?もし働くとしたら、何人くらい薬剤師がいるのが働きやすいのだろう?私たち薬剤師にとって、労働環境として薬剤師の人数は重要なポイントです。あなたも気になりますよね。
続きを読む

調剤薬局での薬剤師のお仕事を詳しく教えて!!

調剤薬局での薬剤師の仕事ってどんな内容なのか?気になりますよね。同じ薬剤師でも、病院、ドラッグストア、調剤薬局と勤務先が違えば、仕事内容も違って来るのですが、実際に働いてみないと分からないことって色々ありますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師資格のこれから

調剤薬局の薬剤師は、資格と言えば薬剤師国家資格を持っていれば働けます。薬剤師国家資格とは、大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験を受験して、その試験に合格した人だけが与えられる資格ですね。平成18年から薬学部は6年制となりました。では、旧薬学部4年制卒の薬剤師と6年制卒の薬剤師には、何か資格として違いは出てくるのでしょうか?
続きを読む

調剤薬局での薬剤師が役割を果たすために必要なこと

調剤薬局の薬剤師に役割として社会から求められているものとは、どのようなことだと思いますか?医薬分業の進展、医療技術の高度化など、薬学を巡る状況が大きく変化している中、その変化に合わせて高度なレベルの知識とコミュニケーション能力を持つ薬剤師が求められています。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師のやりがいってどんなところにあるの?

調剤薬局の薬剤師は、やりがいをどんなところに感じていると思いますか?「薬についての知識やアドバイスが人の役に立った時」「患者さんにありがとうと言われた時」など、私たち薬剤師は、薬剤師として社会に貢献できることがやりがいに繋がることが多いですよね。
続きを読む

調剤薬局が24時間対応ってどういうこと

調剤薬局が24時間対応とは、どういうことなのでしょうか?コンビニのように24時間営業を行う調剤薬局が増えてくるということなのでしょうか?2014年度診療報酬改定によって、基準調剤加算を取るためには、24時間調剤対応及び在宅医療をできる体制の整備が必要という条件が記載されたことにより、私たち薬剤師の間で大きな話題となっています。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師は勤務時間で働きやすさが左右される!?

調剤薬局の薬剤師 勤務時間はどのようになっているのでしょうか?調剤薬局の勤務時間は対応している医療機関に大きく影響を受けるので、様々な勤務時間の調剤薬局があります。もし働くとしたら、どのような勤務時間の調剤薬局がいいのでしょうか?調剤薬局での仕事は子育て中の薬剤師でも働きやすく、女性に人気の職場です。どんな勤務時間での仕事が、あなたの求めているライフスタイルに合っているか考えてみて下さい。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 未経験でも大丈夫?

調剤薬局の薬剤師は未経験OKという求人をよく見かけますが、実際、調剤未経験で転職する人はどのようなことに気を付けて転職したらいいのでしょうか?また、調剤未経験での転職の場合、転職後どのような状況なのか不安に感じる方も多いともいます。調剤薬局の薬剤師へ調剤未経験で転職する場合について詳しく紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の服薬指導トラブル、あなたは大丈夫?

調剤薬局 薬剤師の服薬指導は大切な仕事のひとつですね。薬剤師に求められるスキルとして、コミュニケーションスキルが挙げられますが、これはまさに服薬指導を行うために必要だからですよね。服薬指導は、短時間に患者さんから情報を聞きだし、患者さんが求める情報を伝えるという高度なコミュニケーションスキルが必要な仕事なのです。
続きを読む

「調剤薬局の薬剤師はレベルが低い」と言われないためのポイント

調剤薬局の薬剤師に求められるレベルは、医薬分業の進展などに伴い次第に高まってきています。しかし、私たち薬剤師は、まだ医療現場で確固たる地位を確立するまでに至っていないというのが現状です。それどころか、医療従事者や患者さんからは、私たち薬剤師のレベルが低いという声が聞こえてきています。これから、薬剤師がレベルアップしていくために必要なことは何なのか考えていきましょう。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師のスキルアップに必要な3つの重要キーワード

調剤薬局の薬剤師は、スキルアップをどのように取り組んでいるのでしょうか?「薬剤師需要の将来動向に関する検討会」での厚生労働省試算では、2028年には、薬剤師総数は約41万人にまで増えると考えられています。一方薬剤師求人需要も増加しますが、2028年には約28万人と予想されています。その差、13万人です。13万人の薬剤師が余るということになってしまいますね。あくまでも試算ですが、薬剤師が余る時代が本当にやってくるかもしれないといことは、現実味を帯びてきましたね。これから、薬剤師にとって厳しい時代がやってくるかもしれないということを前提に薬剤師としてスキルアップしていく必要がありますね。必要とされる薬剤師になるため、今まで通りの調剤をメインにした仕事にプラスして、さらに身につけるといいスキルを3つ紹介します。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師が人間関係を円滑にする秘訣!!教えます

調剤薬局 薬剤師が人間関係のトラブルを抱えて悩むことは、珍しいことではありません。1日中閉鎖的な空間で同じメンバーで働くため、一人でも気の合わない人がいると職場全体がギスギスしてしまうことがありますね。ここでは、調剤薬局で働く際に人間関係で苦労しないために心がけたいことをいくつか紹介したいと思います。
続きを読む

調剤薬局で薬剤師の知識不足が問題視されている!?

調剤薬局で薬剤師の知識として求められていることは何でしょうか?これから、医療技術の高度化に伴い、日常診療でも治療法は多岐にわたるようになってくることが予想されます。知識のない薬剤師には、医師の処方意図が理解できないことが増えていくかもしれません。今まで以上に調剤薬局の薬剤師には、幅広い分野で、高度な知識が必要とされてくるでしょう。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の不要論が沸き起こる~どうなる!?これからの薬剤師~

調剤薬局の薬剤師は不要なのではないかという意見がでてきています。調剤薬局を利用する患者さんが薬剤師を通じてお薬を受け取るメリットを感じていないということは、私たち薬剤師にとってとても残念なことですね。
続きを読む

子供好きの薬剤師にお勧めしたい小児科の門前薬局!ただし、薬局の選択で気を付けることは?

小児科 門前薬局と聞いて、調剤が大変そうというイメージをもつ方が多いのではないでしょうか。子供好きだけでは務まらない、小児科の門前薬局の業務内容をご紹介します。
続きを読む

皮膚科 門前薬局の薬剤師として働くポイントは何?

皮膚科は、みなさん1度は受診したことのある身近な診療科ではないでしょうか。ただ、皮膚科の門前薬局については、外用剤の混合や、小児の液剤・散剤の調合など、大変そうだなという印象もあるのではないでしょうか。確かに面倒なこともありますが、今回は大いにやりがいのある面も含めてご紹介していきます!
続きを読む

産婦人科・婦人科 門前薬局の薬剤師は患者さんとのコミュニケーションが難しい?

産婦人科・婦人科の門前の薬局は、処方元の診察領域により処方箋内容が異なります。一概に産婦人科と言っても、出産メイン・不妊治療メイン・感染症などの治療がメインである場合など、医療機関により薬局の特徴も異なりますのでご紹介致します。
続きを読む

眼科 門前薬局の薬剤師は楽って本当でしょうか?

眼科の門前で働くというと、簡単な業務内容のイメージが強いかと思いますが、実際のところをご紹介したいと思います。
続きを読む

耳鼻咽喉科 門前薬局の薬剤師として働くには

耳鼻咽喉科の門前薬局というと、面倒な調剤が多くて大変そうというイメージがあるのではないでしょうか。その現状と、耳鼻咽喉科の門前薬局だからこそ発揮できる薬剤師の職能などについてご紹介します。
続きを読む

このページの先頭へ