調剤薬局での薬剤師のお仕事を詳しく教えて!!

調剤薬局での薬剤師の仕事ってどんな内容なのか?気になりますよね。

同じ薬剤師でも、病院、ドラッグストア、調剤薬局と勤務先が違えば、仕事内容も違って来るのですが、実際に働いてみないと分からないことって色々ありますよ。

調剤薬局での薬剤師 仕事の流れ

調剤薬局で薬剤師が仕事をする場合、業務の流れとは、どんな感じなのでしょうか。

1.患者さまから処方箋を受け取ります。

初めて調剤薬局に来られた場合、私たち薬剤師がアレルギー、既往歴、併用薬、副作用歴などチェックします。

2.薬剤師が受け取った処方箋の処方内容を確認します。

不明な点があれば、患者さまに症状について尋ねたり、処方した医師に問い合わせたりします。この疑義照会は、私たち薬剤師のコミュニケーション能力が必要とされる仕事ですね。

患者さまに対する言葉かけや、多忙な医師への問い合わせでは、相手の立場を考慮した言葉選びが大切となり、調剤薬局薬剤師の重要な仕事の一つです。

3.調剤をします。

ここでは、早く正確に行うことが重要ですね。必要に応じて一包化や粉砕の仕事をします。ちょっとした不注意が調剤ミスを招くので、慣れた薬剤師でも慎重にしないといけない仕事です。

4.調剤した薬を別の薬剤師がチェックします。

これも大切、薬剤師による鑑査の仕事です。処方箋内容通りに薬が調剤されているかはもちろん、相互作用などにも注意しないといけません。

私たち薬剤師としての知識が必要となりますね。ここで、ミスが見落とされてしまうと、間違った薬が患者さまの手に渡ってしまいますので、一大事です。

5.患者さまにお薬をお渡しします。

薬剤情報提供書と共に薬の説明をします。お薬についての質問なども患者さまからお聞きして、安心して薬を服用していただきたいですね。

6.薬歴を作成します。

患者さまにお渡しした薬の内容、説明した内容を毎回記録していくお仕事です。次回同じ患者さまが調剤薬局に来られた時、前回の状況がわかるので、服薬指導する際に役立ちます。

これが、一般的な患者さまから処方箋を受け取ってから、お薬をお渡しする仕事の流れです。

調剤薬局の薬剤師でも、仕事の内容は違うのです~どんな病院からの処方箋が多いかで全く違います~

調剤薬局で薬剤師が仕事として、患者さまから処方箋を受け取り、お薬を渡すまでの流れはだいたいどこの調剤薬局でも同じです。

しかし、どんな処方箋がくるかで調剤の内容が大きく変わってきます。

どんな種類の病院からの処方箋を主に扱う調剤薬局なのか、それによって私たち薬剤師の仕事内容がどう変わってくるか?あなたもきっと知りたいですよね。

大学病院や大きな総合病院の門前

病床数の多い大学病院や地域の基幹となる大きな総合病院の門前薬局の場合、あなたは忙しくて大変というイメージがあるかもしれませんね。

実際に1日扱う処方箋枚数も多く、内科、外科、皮膚科など様々な科からの処方箋に対応できるように多くの種類の薬を用意しておかなければいけません。

調剤薬局内の薬剤師人数も多く、特に午前中はドシドシとやってくる処方箋に対応しますよ。午後からは少しのんびりとしたペースになり薬歴などを書けます。

多くの薬、様々な種類の処方箋に出会えて、私たち薬剤師が一番勉強できる調剤薬局はここかもしれませんね。

土日が休みになる場合が多いです、子どもがいる場合、学校の休みとあなたの休みが合うのは、うれしいですよね。

仕事している薬剤師の人数も多いので勤務調整がしやすく、あなたのプライベートの休みなどを取る時には取りやすいかもしれません。

個人のクリニックの門前

開業医クリニックの門前調剤薬局の場合、調剤する薬の種類も、処方箋内容も同じような内容のものが多くなります。

クリニックが内科なのか、小児科なのか、耳鼻科なのか診療科目により特定の処方に触れる機会が多くなるので、私たち薬剤師の専門性は高まることが期待されますね。

調剤薬局の営業時間も隣接するクリニックにピッタリと合わせることになります。医師との距離が近くなり、医師からの信頼と円滑なコミュニケーション能力を必要とされます。

調剤薬局内で仕事をする薬剤師の人数は処方箋枚数にもよりますが3~4人と少ないことが多いです。

あなたの働きやすさは職場の人間関係に大きく左右されるようになってしまいますので、ここは要注意ですね。

面対応薬局

首都圏を中心に新しく展開されるようになってきていて、駅の近くや商店街など人通りが多いところにある調剤薬局です。

仕事中や帰宅途中のサラリーマンが調剤薬局に行けたり、地域に密着したかかりつけ調剤薬局として様々な医療機関の処方箋に対応します。

門前のクリニックに焦点を当てるのではなくて、人に焦点をあてて、患者さまが立ち寄りたくなる行きつけの調剤薬局というイメージですね。

こちらは、患者さまとの信頼関係を築けるかどうか、私たち薬剤師の能力が必要とされますね。

在宅医療に取り組む調剤薬局

住宅型有料老人ホームや介護老人福祉施設などから、院外処方を請け負っている調剤薬局もあります。

門前の病院やクリニックからの処方箋以外に空き時間を使って、施設からの院外処方をまとめて調剤し、患者さままでお届けするお仕事です。

この場合、見た目の調剤薬局への人の出入りと、忙しさは、あなたの想像とは違うことがありますよ。

あまり、人の出入りのないのんびりとした薬局そうだなとあなたが思っていると、実は施設からの院外処方を大量に任されていたりすることがあります。

なので、調剤薬局の忙しさは見た目では判断できませんよ。

調剤薬局の薬剤師 仕事が向いている人、いない人、どんな人?

調剤薬局での薬剤師は仕事の特徴により合う人、合わない人がありますね。

あなたはどんなタイプになるのか考えてみて下さいね。

向いていない人

製薬会社で営業をされていた方が転職で調剤薬局に薬剤師として仕事を始めた時のその方の感想です。

今まで外回りで出歩く仕事をしていたその方には、1日中狭い調剤薬局で限られた人数で仕事をすることは、向いていないと言っていましたね。

私たち薬剤師は、昇給などの給料アップが少ないことが多いので、初任給は高いのですが年齢に応じた給料の上昇を期待する場合、あなたの期待にそえないかもしれません。

少ない人数でシフトを調整していることが多いので、プライベートでの休みを頻繁に取りたいと考えている人には難しいかもしれません。

向いている人

私たち薬剤師は、調剤薬局という狭い空間で長時間仕事をすることになるので、人間関係が最も重要となってきます。

同世代の薬剤師がいるとは限りませんし、年齢も価値観も異なる他の薬剤師と円滑なコミュニケーションを取りながら仕事をしていくあなたのスキルが必要となります。

患者さまとのやり取りなど、幅広い世代とのコミュニケーションがとれて、仲良くできる人は向いていますね。

パートタイマーでも働けるという点では、結婚・出産後の女性には人気の職場です。

一度身につけた仕事の流れを毎日繰り返し行うことができる人も向いています。

一口に調剤薬局といっても、お伝えしたように門前の病院の違いや調剤薬局として抱えている役割の違いにより、私たち薬剤師の仕事内容は様々です。

薬剤師の急な休みによる欠員に他の支店からヘルプの人材を回してくれることができるなど、詳しい仕事環境は見た目では分からないことが実は多いです。

また、色々検討してから決めようと思っていた転職なのに、一つ目に訪問した調剤薬局の「で!いつから働けるの?」という薬局長の強い勧誘で他を検討せずに決めてしまった。

なんて話もありますね。薬剤師不足の調剤薬局としては、すぐにでもあなたに働いて欲しいのです。

そんなことを心配しているあなたが、転職サイトに登録するとコンサルタントがあなたの代わりに、条件を押さえた案件を色々と紹介してくれます。

さらにそれだけでなく、「断る」「検討」「就職」という返事を当たり障り無く、薬局長にしてくれますよ。

無料ですので、当サイトランキングの転職サイトへよかったら登録してみてください。

このページの先頭へ