ひまわり薬局の薬剤師について知りたい

ひまわり薬局の薬剤師は、患者さんに寄り添い、地域医療を支えています。多くの人が足を運ぶドラッグストアだからこそ、患者さんは、薬のこと、健康のこと、介護のこと、などを薬剤師に気軽に相談できます。

ひまわり薬局 薬剤師として働きたい人への企業情報

ひまわり薬局は薬剤師にとってどのような企業なのでしょうか?

ひまわり薬局の本社は広島県にあり、広島、岡山、兵庫をメインに96店展開するドラッグストアチェーンです。(2015年時点)

大型ドラッグストア「スーパードラッグひまわり」「サプラス」、併設調剤薬局「ひまわり薬局」などの店舗があり、医薬品・化粧品を中心に、健康食品、ビューティーケア商品、日用品、ベビー用品、介護用品など多彩な商品を取り揃えています。

昭和59年に1号店を設立し、地域密着をモットーに店舗数を増やしていきました。その結果、広島県東部地区のドラッグストア市場ではトップシェアとなっています。

店舗のほとんどはドラッグストア店舗です。ドラッグストア店舗に調剤薬局が併設されている店舗は6店舗のみとなっています。

現在は、調剤併設店舗の数はまだまだ少ないですが、今後、調剤併設店舗を増やしていく方針を持っています。

ひまわり薬局の大学新卒者の初任給は320,000円(薬剤師手当105,000円を含む)で、中途採用者の初任給も320,000円(薬剤師手当105,000円を含む)となっています。

中途採用後、3ヶ月間は試用期間として、給料は時間給となります。パートの時給は2,000円~2,500円となっています。

勤務時間は各店舗営業時間内の実働8時間、週40時間を交代制で働くことになります。

勤務地は選択できます。通常の広域店舗間異動の「ナショナル社員」と地域を限定して働ける「エリア社員」を自らの意志で選択することができるようになっています。

諸手当として、薬剤師手当、時間外手当、住宅手当(条件付き)、営業手当、日祭日出勤手当、休日出勤手当、通勤手当(3万円まで)、様々な手当が用意されています。

休日は、月8~9日、年次有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、などがあります。

また、女性に優しい職場として、産休、育休が取得できるのはもちろん、育休から復帰後も育児時間短時間勤務などを利用して勤務時間を短縮して働くことが可能となっています。

福利厚生としては、各種社会保険完備、従業員持株会、退職金制度、財形貯蓄制度、新年互礼会、新入社員歓迎会、ゴルフ大会などがあります。

ひまわり薬局 薬剤師の仕事

ひまわり薬局の薬剤師は、調剤業務として処方箋の受付から調剤、監査を経て服薬指導を行っていきます。もちろん、ドラッグストア併設調剤薬局ならではのOTC医薬品の相談や販売など接客業務もあります。

ドラッグストア併設の調剤薬局では、調剤業務だけでなく、お店に来店されたお客さんに対して、介護用品や健康食品についての情報を提供していくというコミュニケーションも大切になってきますね。

ひまわり薬局の薬剤師には、患者さんから寄せられた薬や病気などの様々な疑問に的確に答える力が必要となってきます。

患者さんの相談や質問に対応するためには、調剤、OTC薬の両方に精通した幅広い知識が求められます。

そのために、薬剤師としてのスキルを身につけるためのメーカー主催の社外セミナーやOTC薬に関する知識を身に付けるための勉強会も頻繁に実施されています。

また、薬の知識のない多職種社員への社内講師の役割も私たち薬剤師が行います。

ひまわり薬局では、総合一般職として採用された社員やビューティーカウンセラー、エステティシャン、など様々な社員と共に仕事をすることになります。

一般的な調剤専門の薬局では、薬局内の職員は8~9割が薬剤師ですが、ドラッグストアの場合それとは異なり薬剤師以外の職員と一緒に働けることが特徴ですね。

お互いに専門性を共有しながら、魅力的な店舗を作っていくことができますね。

ひまわり薬局では、医療機関を受診して処方箋を持ってくる患者さんだけでなく、受診前の風邪のような症状を訴える患者さんが薬局に訪れることがありますね。

そのような場合、その患者さんの症状がOTC医薬品で対応可能かどうか、医療機関での治療が必要かどうかなど、私たち薬剤師がアドバイスをする機会もあります。

ひまわり薬局では、現在のところ、まだ調剤店舗が少ないですが、これから調剤併設店舗数を増やしていく段階なので、調剤業務を経験したい人の希望にも答えることができると思います。

徐々に開設されている調剤専門薬局では、キッズルームやドリンクバーのサービス、ウイルス感染抑制機能を兼ね備えた待合スペース、プライバシーにも配慮した薬受け渡しブースなど、患者さんのためを考えた薬局づくりが行われています。

大型分包機など、迅速かつ正確に調剤業務を行うための最新式機器や設備も充実しており、働く私たち薬剤師にとっても快適な環境が用意されていますよ。

このような成長途中の状態だからこそ、調剤併設店舗立ち上げに関わっていける、調剤部門の組織をしっかりしたものに築きあげていく役割を担える、などの他では味わえない仕事に出会えることがあります。

ひまわり薬局では、調剤業務に専念して働くこともできますし、調剤薬局を統括するマネージャー、調剤併設店舗の開発、教育トレーナー、など幅広い活躍フィールドがありますよ。

ひまわり薬局で薬剤師として活躍したい

ひまわり薬局で、薬剤師としてどのような人材を求めているのでしょうか?

ひまわり薬局は、街のドラッグストアとして成長を続けてきました。地域の人の健康と健やかな毎日に貢献できることをモットーに努力を続けてきました。

絶え間ない努力の結果として、売上の上昇、店舗数の増加といった数字となって現れています。

そして、これからひまわり薬局は、調剤薬局併設店舗を増やして行くことを計画しており、面対応薬局として調剤薬局事業を充実させ、在宅医療にも取り組んでいきたいと考えています。

このように調剤併設店舗を増やしていきたい、在宅医療の分野に力を入れていきたいと考えいるひまわり薬局の場合、その分野に関するスキルを持っている人が必要とされています。

すでに豊富な調剤経験があり、在宅医療のノウハウを持つ薬剤師のスキルなどは、転職の際には高く評価してもらえるのではないでしょうか。

欲しい人材なら高待遇を提示してでも入社してもらいたいと思いますよね。あなたが魅力的なスキルを持っているならば、ぜひ転職する際に積極的にアピールしたほうがいいですよ。

しかし、各企業がどのような企業展開を考えていて、どのような人材を必要としているのかなどの情報はなかなか表に出にくい情報です。

そのような情報もしっかり考えて転職するのなら、転職サイトに登録するというのが良い方法ですよ。

転職サイトに登録するとコンサルタントが転職の相談に乗ってくれます。コンサルタントは企業情報にも精通しているので、あなたのスキルを最大限に活かして、高待遇を引き出せる薬局を紹介してくれますよ。

このようにあなたを最も好評価で受け入れてくれる薬局を見つけることは、自分ひとりではとても難しいです。

転職サイトに登録することで、多くの薬局情報を入手することができるので、きっとあなたの転職に良い影響をもたらしてくれると思いますよ。登録は無料なので、一度登録してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ