調剤薬局 薬剤師が人間関係を円滑にする秘訣!!教えます

調剤薬局 薬剤師が人間関係のトラブルを抱えて悩むことは、珍しいことではありません。

1日中閉鎖的な空間で同じメンバーで働くため、一人でも気の合わない人がいると職場全体がギスギスしてしまうことがありますね。

ここでは、調剤薬局で働く際に人間関係で苦労しないために心がけたいことをいくつか紹介したいと思います。

調剤薬局の薬剤師が、人間関係で苦労することが多いのはどうして?

調剤薬局の薬剤師が、人間関係で苦労するというのは、限られた空間の中で限られたスタッフが日々同じような業務を繰り返すという状態に原因があるのかもしれません。

家族でも、狭い家の中で1日中一緒にいるとイライラしてくることありますよね。

調剤薬局では、家よりもかなり狭い空間で、毎日同じメンバーで仕事をすることになります。そのような閉塞感のある状況で忙しさというストレスが加わるとイライラが衝突しあうことは避けられません。

一方共にいる時間が長い分、上手くコミュニケーションが取れて、お互いを思いやれる薬剤師に恵まれた職場では、家族のように心を許した関係になることも出来ます。

薬剤師として仕事を行うのに職場の雰囲気が良く和気あいあいとしている調剤薬局で働く場合と、ギスギスとした人間関係の調剤薬局で働く場合とでは、同じ仕事をするのでもストレスが全然違いますよね。

また、調剤薬局という少人数の職場で人間関係のトラブルをこじらせてしまうと、勤め続けることが難しくなってしまいます。

特に働き始めの数か月、良好な人間関係を築けるように努力することが大切となってきます。

調剤薬局での仕事は、人員が限られているため、慣れない新しい薬剤師が入ってきた時というのは、どうしても先輩薬剤師に業務上の負担が多くかかります。

新しい職場に来たばかりで、慣れていない薬剤師の方も精神的に大変とは思いますが、教えてもらって当たり前という態度や周りの薬剤師の配慮なしに休みの希望をバンバン出すなどの自己中心的な行動は控えた方がいいと思います。

先輩薬剤師も早く仕事を覚えて欲しいという思いから、厳しい口調になることもあるかもしれませんが、不快感を露わにすることなく先輩の意見に従いましょう。

調剤薬局 薬剤師が人間関係で苦労した実際の例

調剤薬局の薬剤師が人間関係で苦労した実際の例を紹介しますね。

薬剤師K子さん(40歳)

K子さんは、子どもが全員小学校に入学したのを機に、10年のブランクを抱えて調剤薬局に薬剤師として仕事復帰しました。

その調剤薬局で働く他のメンバーは、管理薬剤師42歳の独身女性、入社2年目若手女性薬剤師、入社3年目若手女性薬剤師の正社員3名と女性事務1名です。

調剤薬局にはよくある、女性ばかりの職場です。

管理薬剤師は、口数少なく無愛想で、挨拶をしても返答なしということがよくある、K子さんにとっては、あまり接したことのないタイプの人でした。

K子さんに業務を教えてくれるのも、管理薬剤師なのですが教えるという姿勢はほとんどありませんでした。

K子さんが何か質問しても「あとは私がしておくから、しなくていい」とそっけない態度を取られてしまいます。

さらに連絡事項を伝達されないことも多く、薬棚の配置換えをして薬の配置が変わっていることをK子さんは知らされず、調剤する際に薬を探すのに苦労したということもありました。

そんな毎日を過ごすうちに、K子さんは管理薬剤師に苦手意識を持つようになっていきました。

他の若手薬剤師たちは、「管理薬剤師は人見知りで人とのコミュニケーションが苦手で無愛想だけど、真面目で悪い人ではないから、慣れるまでは我慢してみたら」とフォローしてくれましたが、K子さんは管理薬剤師を避けるようになってしまいました。

本当に管理薬剤師は、人とのコミュニケーションが苦手なだけで、K子さんに特別に意地悪をしているわけではないという面はあるのですが、信頼できない相手と共に働くことができないと思いK子さんは転職を決意しました。

大きい企業などでは、多少気の合わない人が部署内にいても接触する機会が少なければ、仕事を続けることができます。

しかし、調剤薬局という狭い職場では、苦手な人ともかなり密に付き合い仕事をしていかなければいけません。

私たち薬剤師は、調剤、監査、投薬とメンバーみんなで協力をしてこなしていく仕事なのでチームワークが大切となってきますよね。

K子さんが出会った管理薬剤師のように癖のある人は、上手く付き合っていける人とそうでない人と大きく分かれてしまいます。

そして、私たち薬剤師には癖のある性格の人が結構いるので、これも調剤薬局での人間関係が難しくなってしまう要因の1つですね。

K子さんの場合は、ブランクがあるという状況から、早く仕事を覚えて一人前の薬剤師になりたいという焦りがあったのかもしれません。

確かに管理薬剤師は癖のある人だったと思いますが、苦手意識を膨張させるのをぐっと押さえて、気長に接し、その人の癖を徐々に把握して付き合い方を見つけていくという方法もあったかもしれませんね。

また、K子さんの場合とは異なる状況で、あなたが働いている職場に新しい薬剤師が来て、ペースを乱され職場環境がギクシャクするということもあるかもしれません。

特に20代、30代の若い薬剤師が管理薬剤師をしている調剤薬局に、ベテラン40代薬剤師が新しく来た場合など、ギクシャクすることが多いですね。

管理薬剤師が立場的には調剤薬局の責任者ですが、キャリア的には40代薬剤師の方が知識も経験も豊富という場合、お互いを尊重し合う状況が作れないと上手くいかなくなってしまいますね。

若い管理薬剤師が、管理薬剤師であるというプライドのため、新しく来た経験豊かな薬剤師から知識やスキルを学ぶ姿勢を持つことができず、居心地が悪くなり、自ら転職を選択することになったケースもありましたよ。

調剤薬局 薬剤師の人間関係 どう乗り越えていく?

調剤薬局 薬剤師の人間関係の難しさは多くの薬剤師が抱えている問題です。

限られた閉鎖的な空間で、毎日同じメンバーと仕事をしなければならない調剤薬局という職場は、人との距離の取り方が難しいのですね。

いくら相手に嫌な所を直してもらいたい、変わってもらいたいと思っても、相手を変えることは困難です。自分の感じ方を変えてみましょう。

例えば、あなたの調剤ミスを他の薬剤師が監査で見つけて「この調剤間違っているから、やり直して」と言われた場合、苦手な人から言われた時は、口調もきつく感じられ、すごく嫌な気がするかもしれません。

一方、仲良しの薬剤師から言われた場合、同じ言葉でも「この調剤ちょっと間違ってるよ。やり直してくれる?」と頭の中では聞こえているくらい、感じ方は異なります。

同じことを言われても、あなたの感じ方を変えるだけで、穏やかな気持ちで言葉を受け取れるようになります。

つい苦手な人に言われた言葉は、不快感を持って受け止めてしまいがちです。嫌な気持ちが沸いてきたら、一息ついて言われた言葉の内容を頭の中で短い文字にしましょう。

「調剤 間違っている やり直す」この言葉を言葉のまま受け止めると、間違っている薬を患者さんに渡すわけにはいかないのでやり直す、当然のことですね。

あなたを非難しているわけでもなく、間違いを直すという行為をして欲しいとお願いされているという、文章の意味はそれだけです。

「もう、こんなミスしないでよね。」とか「ミスするなんて不注意な人」とか、そのような意味合いを自分で勝手に感じてしまっていませんか?

この場合、患者さんに渡す前にきちんと監査してもらえて、正しく調剤し直すことができて、抜群のチームワークです。

このように考えられると「見つけてくれて、ありがとう」という言葉がでてきてもおかしくないですよね。

人間関係でストレスを感じてしまう職場を何とかするには、あなたが苦手な人に対する苦手意識を拭い去り、言葉の受け止め方をポジティブに持っていくことを強く意識するのが有効となってきます。

とは言っても、もう修正不可能なくらい人間関係が悪化してしまい、ストレスから気分が滅入ってしまうような場合は、転職をおすすめします。

あなたの今いる職場が世界の全てではないので、思い悩んで精神を病んでしまう前に元気に転職してみて下さい。

でも、あなたは、転職しても、また人間関係に苦労するのではないかと不安になってしまうかもしれません。

そんな不安を抱えての転職は、転職サイトに登録することから始めてみるといいですよ。転職サイトに登録すると、コンサルタントに色々と相談することができます。

前の職場で人間関係に苦労した話なども聞いてもらえ、次の職場にあなたが求める条件など、親身になって相談に乗ってもらえますよ。

「郷に入れば郷に従え」という言葉のように、転職に際しては、新しい職場の価値観や考え方を素直に受け入れた方が早く環境に慣れることができ、そこにいる人たちとも馴染むことができます。

一度、自分をリセットして新しい環境に身を預けてみるということで、新しい自分に出会えるかもしれませんね。

コンサルタントにお願いをして、転職先候補の調剤薬局を見学させてもらって、転職先候補の職場の人と話をする機会を作ってもらうと、自分とそこの調剤薬局の人との相性がわかるかもしれません。

このページの先頭へ