薬剤師の「ドラッグストアから調剤薬局へ転職するポイント」教えます

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職する場合、どのようなタイミングで、どのようなことに気を付けてみんな転職するのでしょうか?

薬剤師のドラッグストアから調剤薬局への転職事情

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職するケースはよくあります。ドラッグストアは他の職場である調剤薬局や病院と比べると給料が高いという面で魅力ある職場です。

以前は、ドラッグストアの仕事というと接客、品出し、レジ打ちなどの仕事ばかりで、薬剤師としての知識を活用できる機会が少なく、そのことが転職の動機となることが多かったように思います。

しかし、現在では調剤併設型のドラッグストアがスタンダードとなりつつあります。ドラッグストアチェーンの中で調剤業務をメインでしたいと希望すれば調剤併設型の店舗へ勤務させてもらえるところが多いですね。

調剤薬局の平均年収は450万円~550万円、一方ドラッグストアの平均年収は600万円~700万円となっています。

ドラッグストアから調剤薬局へ転職すると給料は下がってしまうことは、容易に想像できますよね。

年収が高く、調剤業務などにも取り組む機会のあるドラッグストアから調剤薬局に転職する人はどのようなことを調剤薬局に求めているのでしょうか?

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職したいと思う時

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職したいと思う時、それはドラッグストアの営業時間が関係していることが多いですね。

ドラッグストアの営業時間は9:30~22:30など22時、23時までかなり遅くまで営業している店舗もあります。

シフト制での勤務となりますがこの勤務時間の遅さと土日勤務可能であることが求められることが一番の転職理由となります。

結婚を機にドラッグストアから調剤薬局へ転職を考える女性は多いです。ワークライフバランスを重視したいと思うとドラッグストアは不向きと思われます。

ドラッグストアでしか経験できない仕事に対してやりがいを感じている人はドラッグストアを続けると思いますが、薬剤師としての調剤業務なら他の調剤薬局でもできて、更に勤務時間があなたの希望に合うものなら、どうでしょう?

給料面は良くても、あなたの今後の人生を考えた時、転職という言葉が頭をよぎりますね。

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職する際のアドバイス

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職する際には、どのようなことを注意して転職したらいいのでしょうか?

まず、給料が下がることは転職を決心した時点でみんな覚悟しているようです。できたら、現状維持で交渉したいという感じでしょうか。

調剤併設のドラッグストア勤務で十分に調剤経験がある場合

調剤経験がある薬剤師がドラッグストアから調剤薬局に転職する場合は、経験者として歓迎される人材ですね。

希望する勤務時間や労働条件の調剤薬局を選び、更に給料の交渉も上手くいけば現状の水準を維持できるかもしれません。

おすすめは大学病院や総合病院の門前調剤薬局です。取り扱う薬品数も多く、処方箋内容も様々な専門科からの処方箋がくるので勉強になります。

特に午前中の忙しい時間帯は、周りの薬剤師と協力して処方箋に対処するため、テキパキとした無駄のない動きが要求されますが、予約診療が多く、診察時間がきっちりと時間通りに終了することが多いので残業は少ないようです。

ドラッグストアでも調剤経験がしっかりとある場合は、さらに自分のスキルが上がるような転職を目指すといいと思いますよ。

OTC専門のドラッグストア薬剤師として勤務していた場合

OTC専門のドラッグストア薬剤師として勤務していた場合は、転職の理由はもっと調剤の仕事に関わりたいということが多いかもしれません。

その場合は、転職の前に同じドラッグストアチェーン内でも調剤併設の店舗があり、そちらに異動させてもらえないか検討してみることも重要ですよ。

もし、調剤併設の他店舗へ異動させてもらえるのならば、給料水準を下げることなく調剤経験のスキルを身につけることが出来ます。

勤務時間などの希望を満たすための調剤薬局への転職はその後からの方が、「調剤経験ありません」の薬剤師より、転職の際に薬剤師としての価値を高く評価してもらえます。

でも、転職を考える際には、様々な理由があり全員がこのようにできるわけではないですよね。

OTC医薬品販売のみで調剤経験があまりない状態で転職する場合は、まずは、個人クリニックの門前調剤薬局がおすすめです。

個人クリニックの門前調剤薬局では、取り扱う医薬品数が少なく、処方内容が固定化していることも多いので、調剤業務に慣れやすいです。

薬剤師教育システムのしっかりしている大手のチェーン調剤薬局に転職することも良いと思いますよ。

このように、一口にドラッグストアから調剤薬局への転職と言っても、私たち薬剤師の持つスキルには個人差がありますよね。

あなたの薬剤師としてのスキルがどの程度のものなのか、自分では正しく評価できていないこともあります。そんな時には転職サイトに登録してみるといいですよ。

コンサルタントが客観的にあなたの薬剤師としてのスキルを評価してくれて、あなたの転職に対してアドバイスをしてくれます。

現在のあなたのスキルでは、どういった病院やクリニックの門前がいいのか?大手調剤薬局チェーンがいいのか?個人経営のアットホームな調剤薬局がいいのか?

様々な情報を総合的に判断して転職先を決めることができます。

また、事前にコンサルタントに相談しておくと、コンサルタントが企業との仲介役として、直接は言いにくい給料の交渉などもしてくれます。

現状の生活水準を維持したいという希望もあると思うので、極力ドラッグストアでの給料が下がらないように転職先の調剤薬局と交渉してもらえると助かりますよね。

そのようにコンサルタントを介して情報を集めることで、複数の求人を比較してあなたに合う調剤薬局を選ぶことができますよ。

このページの先頭へ