調剤薬局での薬剤師が役割を果たすために必要なこと

調剤薬局の薬剤師に役割として社会から求められているものとは、どのようなことだと思いますか?

医薬分業の進展、医療技術の高度化など、薬学を巡る状況が大きく変化している中、その変化に合わせて高度なレベルの知識とコミュニケーション能力を持つ薬剤師が求められています。

調剤薬局の薬剤師 役割として求められる姿

調剤薬局では薬剤師の役割はどのように考えられているのでしょうか?

医薬分業が急速に進み、街角にも調剤薬局がずいぶん増えましたよね。

昔は脇役、裏方的な役割イメージの薬剤師でしたが、医薬分業が進むにつれて医師や患者さんとコミュニケーションをとり、医療に関わっていく役割を担っていく必要性がでてきました。

そして、平成18年から薬学部の6年制への移行となり、薬剤師教育にも力が入るようになりました。あなたの職場にも、6年制薬学部を卒業した薬剤師が入社してきていますよね。

6年制薬学部を卒業した薬剤師たちは、どのような印象ですか?

今までの4年制薬学部卒業の新入社員よりも、実際の仕事に対する姿勢や薬の知識がしっかりとしていますよね。

従来は2~4週間であった薬局病院実務実習が約半年間という長期間になり、そこで学んだ実際の医療現場での経験が大きく影響しているようです。

薬学部が6年制になったのは、それだけ薬剤師が社会に必要とされていて、より高いレベルでの知識や能力が私たち薬剤師に求められているということですね。

調剤薬局 薬剤師の役割をどのように果たしていくべきなのか

調剤薬局 薬剤師に役割として求められているのは、高いレベルでの教養、素養です。私たち薬剤師がそれを患者さんにきちんと提供するにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、専門知識を深め、コミュニケーション能力を高める努力が必要ですね。

私たち薬剤師は、求められるレベルを提供できるために努力しているのですが、残念ながら現実は薬の専門家としての信頼が足りない側面があるようで、院内処方への回帰という動きがあるのも事実です。

2014年東京女子医科大学病院が「がん、免疫抑制剤に対しては院内処方に戻す」という動きがありました。

その理由は、「最近の抗がん剤や移植後の免疫抑制剤では、薬の服用方法を説明するのに高度な知識が求められ、副作用も十分な説明が必要であるが、調剤薬局の薬剤師の中には、重要な疾患に対する十分な知識を持っていないこともあるため」と、このような厳しい意見も出ています。

本来なら薬の専門家として信頼される存在であるべき私たち薬剤師にとって、今後の課題は大きいようです。

調剤薬局 薬剤師の役割を見失わないように

調剤薬局での薬剤師は役割を充分果たせているのでしょうか?

まだまだ、私たち薬剤師は医療界や社会が期待する役割ができていないのも事実かもしれません。

あなたは、今いる職場での毎日の業務に満足していますか?

もしかしたら、毎日の同じ作業の繰り返しに疲れ果てて、誇りと自信を失い、期待される社会的な役割を見失ってしまっている人もいるかもしれませんね。

とは言うものの、日常業務を終えてから、自分で知識や技術を高める努力をすることはとても大変なことです。

実際は、毎日の調剤薬局での業務を通じて、色々な経験をして成長していけることが私たち薬剤師にとって一番ですよね。

現在のあなたの職場はあなたを成長させてくれる環境ですか?

目標となる先輩薬剤師と共に仕事ができていたり、あなたを信頼して頼ってくれる患者さんがいたり、そんな職場ならぜひ現在の職場でのキャリアアップをしてください。

でも、日々の仕事に退屈さを感じていたり、今の自分が目指している薬剤師の姿から遠い存在と感じてしまう場合、あなたを成長させてくれる場所を探してみるといいかもしれませんね。

転職という方法もありますが、あなたの人生にとって大きな変化となることなので慎重に考えてください。

特にキャリアアップのための転職なら、転職サイトへの登録をお勧めしますよ。コンサルタントがあなたの希望や理想を聞いてくれ、その条件に合う求人を探してくれます。

キャリアアップのために転職をしたのに、働いてみたら思い描いていた転職先と違っていたなんてことにならないようにしないといけませんからね。

1人で悩んでしまうより、コンサルタントという相談できる相手がいる方が冷静な判断ができます。

自分を成長させる機会を得ることで、私たち薬剤師が、社会から求められる薬剤師の役割に近づけることを願っています。

このページの先頭へ