調剤薬局 薬剤師の志望理由の書き方教えます

調剤薬局 薬剤師の志望理由を考えるとき、私たち薬剤師は困ってしまうことが多いようですね。

なぜかと言うと、私たち薬剤師は、薬剤師の国家資格を持っていると就職に苦労しない、給料においても安定しており、パートでも高時給で働けるなどを魅力と感じて薬剤師になった人が実は多くいます。

転職の際の志望理由には、そういう労働条件がよいとか、条件的なメリットを感じていること以外に薬剤師としてあなたがどんな働き方をしていきたいかを伝える必要があります。

調剤薬局 薬剤師の志望理由どうしたらいいの?

調剤薬局で薬剤師が志望理由として挙げる事柄はどんなことがあるのでしょうか?

正直なところ、勤務地、給料待遇、労働条件、これだけで転職先を決めている人も多いかもしれません。そうなると、志望理由は「条件がよかったので」となってしまいますね。

これでは、真剣に薬剤師として働いてくれるのだろうか?という不安を企業側に持たれてしまっても仕方ありません。

条件を主な理由として転職先を決めた場合でも、次のステップで志望理由を考えてみて下さい。そうすれば、自然にあなたの志望理由が見えてきますよ。

ステップ1

今までのあなたの経験スキルを洗い出しましょう。

例えば

調剤薬局での業務経験○年、特に○○科の処方は多く扱っているので知識がある。薬局長として働いた経験がある。患者さんとのトラブルにも多く対処してきた。

製薬企業でのMRとしての仕事を通じて多くの医療機関を訪問し、医師に情報を提供するなどのコミュニケーションの場を豊富に経験している。

ドラッグストア勤務でのOTC医薬品に関する知識を豊富に持っている。年齢、性別問わず幅広い人とコミュニケーションがとれる。

など、人それぞれ経験したことが違えば、現在持っているスキルは違ってきます。

子育て中で薬剤師としての仕事から離れていた場合でも、それもスキルとして考えることができますよ。

子供の病気の際に小児の薬をもらう機会が増え、大切な家族が実際に服用する薬として関心を持つようになり小児の薬の飲ませ方など実際の経験を踏まえてアドバイスができる。

このように全ての経験をスキルとして考えることができます。

ステップ2

これから転職により挑戦していきたい仕事のスキルを考えてみて下さい。

新たに転職先の調剤薬局でキャリアアップにつながる仕事へ取り組むとしたらどんなことがありますか?

「在宅医療に積極的に取り組んでいきたい」「多くの種類の医薬品を扱い、様々な処方箋に接し知識を深めていきたい」

「わかりやすく薬の知識を提供することで、病気で辛い症状を抱える患者さんに安心して薬を服用してもらえるようになりたい」

などあなたが目指す理想の薬剤師を思い描いてみるとわかりやすいかもしれませんね。

もし、何も思いつかない場合は転職したい調剤薬局のホームページ等でその調剤薬局がどのようなスタイルの薬局を目指しているのかを知り、参考にするのもいいですね。

ステップ3

ステップ1とステップ2を繋げてみて下さい。

今までの自分のキャリア→目指す薬剤師へのキャリアアップという形で、今までのスキルを活かして、新たに転職後の調剤薬局でキャリアアップできそうなことへ自分を持っていきたいとする志望理由が出来上がりますね。

調剤薬局 薬剤師の志望理由 例文

調剤薬局 薬剤師の志望理由は、その人の人柄が現れてきます。自分の言葉で丁寧に考えて書きましょう。

調剤薬局から在宅医療に取り組む調剤薬局へ転職したM子さんの例文です。

私は、大学卒業後、調剤薬局で調剤、服薬指導に5年間携わってきました。

薬剤師としての業務経験が浅く、まだ知識も充分でない所もありましたが、患者さんからの質問にはわかりやすい言葉で丁寧に説明することを心がけてきました。

患者さんの服薬に対する不安を取り除き、ちょっとしたことでも質問してもらえるような信頼関係を築いてきました。

○○薬局(転職先薬局)では、積極的に在宅医療に取り組んでいらっしゃることを知り、興味を持ちました。

在宅医療では、より近い距離で患者さんと接することができて、薬の服用による体調の変化や治療の経過も知ることができる点で薬剤師として患者さんのお役にたてるのではないかと思っています。

ぜひ、私も在宅医療の一員として○○調剤薬局で働きたいと思っています。

どうでしょうか、M子さんの今までの仕事への取り組みやこれから目指す薬剤師像がよくわかりますね。背伸びをして、自分を立派に見せる必要はないので、自己分析するように丁寧に志望理由の作成に取り組んでみて下さい。

調剤薬局の薬剤師への志望理由を考えることは、転職先を考える点でも役立ちます

調剤薬局の薬剤師への志望理由を考える時とは、面接での質疑応答のためや履歴書の記入のためと思うかもしれませんが、実はそれだけではないのですよ。

今までのあなたの仕事に対する姿勢や得られた知識を振返り、現在あなたが持っている薬剤師としてのスキルを洗い出すこと、そしてこれから先あなたが目指している薬剤師像を見つけることで、自分がどんな調剤薬局へ転職したいのか気付くことが出来ますね。

私たち薬剤師は転職率の高い職種ですが、それでも短期間に転職を繰り返すことは、控えた方がいいと思います。

一度の転職であなたの希望する転職先を見つけるためにも、自分がどんなことを転職に対して望んでいるのか、現在の自分のスキルはどの程度のレベルなのか、考えることが大切となってきます。

しかし、自分一人で考えていても、自分の薬剤師としてのスキルはどの程度のレベルなのかなど、わからないことも多いですよね。

そんな時には、転職サイトに登録するというのが良い方法ですよ。コンサルタントに相談出来るということが役立つと思います。

コンサルタントは多くの薬剤師の転職を仲介しているので、あなたの仕事のレベルがどの程度のもので、更にプラスできるキャリアのためには、どのような調剤薬局がおすすめかなど相談に乗ってくれます。

志望理由を考える際にも、色々教えてもらえますよ。登録は無料なのでぜひ一度登録してみて下さいね。

上記の志望理由書き方、ステップ1:自分の過去の薬剤師経験の洗い出し、ステップ2:あなたのなりたい薬剤師像の確認,ステップ3:ステップ1とステップ2を繋げる、それぞれの作業の確認をコンサルタントがあなたと一緒にやってくれると心強いですね。

このページの先頭へ