調剤薬局 薬剤師の時給ってどれくらい?

調剤薬局で薬剤師の時給は、相場どれくらいだと思いますか?現在、正社員として働いている人もパートで働いている人も、他の薬剤師がどれくらいの時給で働いているのか、みんな気になりますよね。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 求人おすすめポイント

調剤薬局の薬剤師 求人は比較的豊富にあり、いつでも求人がある状態ですね。一昔前の薬剤師のイメージを今でも持っている人は、これからもずっと好条件で転職できると思いがちかもしれません。しかし、私たち薬剤師を取り巻く環境は、大きく変わりつつあるのですよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師の給料ってどうなの?

調剤薬局 薬剤師の給料は高いのか?低いのか?薬剤師の仕事は、薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格した人しか働けない職種です。そのため、一般企業と比べると高い初任給が提示されていますね。私たち薬剤師の給料は、昇給があまりないので長い目でみると、ずば抜けて高収入とは言えませんが、安定した収入が魅力と思われています。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の年収多い?少ない?

調剤薬局の薬剤師は年収どのくらいもらっているのでしょうか?私たち薬剤師の給料は需要と供給のバランスで決まります。薬剤師が不足気味の地方では高い年収が提示され、薬剤師が過剰に存在する地域では安い年収となるのが一般的ですね。でも、他にも年収の違いが発生する要素が色々あるのですよ。
続きを読む

調剤薬局で薬剤師の人数どれくらい?取り巻く環境で働きやすさは違いますよ!!

調剤薬局って薬剤師の人数どれくらい、いるのでしょう?もし働くとしたら、何人くらい薬剤師がいるのが働きやすいのだろう?私たち薬剤師にとって、労働環境として薬剤師の人数は重要なポイントです。あなたも気になりますよね。
続きを読む

調剤薬局での薬剤師のお仕事を詳しく教えて!!

調剤薬局での薬剤師の仕事ってどんな内容なのか?気になりますよね。同じ薬剤師でも、病院、ドラッグストア、調剤薬局と勤務先が違えば、仕事内容も違って来るのですが、実際に働いてみないと分からないことって色々ありますよ。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師資格のこれから

調剤薬局の薬剤師は、資格と言えば薬剤師国家資格を持っていれば働けます。薬剤師国家資格とは、大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験を受験して、その試験に合格した人だけが与えられる資格ですね。平成18年から薬学部は6年制となりました。では、旧薬学部4年制卒の薬剤師と6年制卒の薬剤師には、何か資格として違いは出てくるのでしょうか?
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 退職金相場ってどれくらい?

調剤薬局の薬剤師は、退職金をどれくらいもらえるのでしょうか?自己都合で転職する場合、長年勤めて定年退職の場合、退職金が貰える機会には様々な状況がありますよね。私たち薬剤師は、どのような状況でどれくらい退職金を貰えるのでしょうか?
続きを読む

調剤薬局での薬剤師が役割を果たすために必要なこと

調剤薬局の薬剤師に役割として社会から求められているものとは、どのようなことだと思いますか?医薬分業の進展、医療技術の高度化など、薬学を巡る状況が大きく変化している中、その変化に合わせて高度なレベルの知識とコミュニケーション能力を持つ薬剤師が求められています。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師のやりがいってどんなところにあるの?

調剤薬局の薬剤師は、やりがいをどんなところに感じていると思いますか?「薬についての知識やアドバイスが人の役に立った時」「患者さんにありがとうと言われた時」など、私たち薬剤師は、薬剤師として社会に貢献できることがやりがいに繋がることが多いですよね。
続きを読む

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局へ転職する場合

薬剤師が調剤薬局から調剤薬局へ転職しようと思う時、どのようなことを考えて転職に踏み切るのでしょうか?現在の調剤薬局の職場環境に不満がある場合、給料に不満がありキャリアアップを目指している場合、引っ越し、転居に伴う転職の場合など様々な状況が考えられますね。
続きを読む

調剤薬局が24時間対応ってどういうこと

調剤薬局が24時間対応とは、どういうことなのでしょうか?コンビニのように24時間営業を行う調剤薬局が増えてくるということなのでしょうか?2014年度診療報酬改定によって、基準調剤加算を取るためには、24時間調剤対応及び在宅医療をできる体制の整備が必要という条件が記載されたことにより、私たち薬剤師の間で大きな話題となっています。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師へブランク後の再就職

調剤薬局の薬剤師へブランクがあり再就職する場合、不安なことがたくさんありますよね。5年、10年とブランクが長ければ長いほど不安要素が大きくなります。調剤薬局の求人では、未経験者OK、ブランクOKという求人が多くみられますが、実際はどうなのでしょうか?ブランク後の再就職を成功させるにはどのようなことに気をつけたらいいのか紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師は勤務時間で働きやすさが左右される!?

調剤薬局の薬剤師 勤務時間はどのようになっているのでしょうか?調剤薬局の勤務時間は対応している医療機関に大きく影響を受けるので、様々な勤務時間の調剤薬局があります。もし働くとしたら、どのような勤務時間の調剤薬局がいいのでしょうか?調剤薬局での仕事は子育て中の薬剤師でも働きやすく、女性に人気の職場です。どんな勤務時間での仕事が、あなたの求めているライフスタイルに合っているか考えてみて下さい。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の志望理由の書き方教えます

調剤薬局 薬剤師の志望理由を考えるとき、私たち薬剤師は困ってしまうことが多いようですね。なぜかと言うと、私たち薬剤師は、薬剤師の国家資格を持っていると就職に苦労しない、給料においても安定しており、パートでも高時給で働けるなどを魅力と感じて薬剤師になった人が実は多くいます。転職の際の志望理由には、そういう労働条件がよいとか、条件的なメリットを感じていること以外に薬剤師としてあなたがどんな働き方をしていきたいかを伝える必要があります。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 未経験でも大丈夫?

調剤薬局の薬剤師は未経験OKという求人をよく見かけますが、実際、調剤未経験で転職する人はどのようなことに気を付けて転職したらいいのでしょうか?また、調剤未経験での転職の場合、転職後どのような状況なのか不安に感じる方も多いともいます。調剤薬局の薬剤師へ調剤未経験で転職する場合について詳しく紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 面接時の質問ってどんな感じ?

調剤薬局の薬剤師 面接時に質問されることってどんなことでしょうか?一般企業では、転職の時、面接があり、志望動機や自己PRなど質問されたことに答える場面があると思いますが、調剤薬局の面接では少し様子が違います。では、薬剤師が調剤薬局に転職する際、どのように面接が行われていくのか紹介しますね。
続きを読む

薬剤師の「ドラッグストアから調剤薬局へ転職するポイント」教えます

薬剤師がドラッグストアから調剤薬局へ転職する場合、どのようなタイミングで、どのようなことに気を付けてみんな転職するのでしょうか?
続きを読む

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職する場合

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職しようと思う時、どのようなことを求めて転職を決めるのでしょうか?病院薬剤師の求人は、新卒採用がほとんどで、求人数にも限りがあります。調剤薬局に比べると狭き門となります。そんな狭き門を潜り抜けた病院薬剤師でも、転職したくなる時とはどんな時でしょうか?やりがいを求めて病院に勤務している人が多い中、それでも職場環境に不満がある場合、給料に不満がある場合、結婚などに伴う転居、など様々な理由で病院から調剤薬局への転職を考える薬剤師がいることは事実です。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の将来性「薬剤師過剰時代をどう乗り切るのか」

調剤薬局 薬剤師の将来性を考えると、これから先、厳しくなっていくことが予想されるという言葉をよく耳にしますが、現在のところ、就職先も給料も特に大きな変化はなく安定している状態です。これから、どのような変化がでてくるのでしょうか?
続きを読む

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職しようと思ったら

薬剤師が製薬会社から調剤薬局へ転職しようと思った場合、ほとんどの場合スムーズに転職活動は進んでいきます。私たち薬剤師は、薬剤師免許さえあれば、調剤未経験の他職種からでも、調剤薬局への転職は簡単にできるというのが現状ですね。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の服薬指導トラブル、あなたは大丈夫?

調剤薬局 薬剤師の服薬指導は大切な仕事のひとつですね。薬剤師に求められるスキルとして、コミュニケーションスキルが挙げられますが、これはまさに服薬指導を行うために必要だからですよね。服薬指導は、短時間に患者さんから情報を聞きだし、患者さんが求める情報を伝えるという高度なコミュニケーションスキルが必要な仕事なのです。
続きを読む

「調剤薬局の薬剤師はレベルが低い」と言われないためのポイント

調剤薬局の薬剤師に求められるレベルは、医薬分業の進展などに伴い次第に高まってきています。しかし、私たち薬剤師は、まだ医療現場で確固たる地位を確立するまでに至っていないというのが現状です。それどころか、医療従事者や患者さんからは、私たち薬剤師のレベルが低いという声が聞こえてきています。これから、薬剤師がレベルアップしていくために必要なことは何なのか考えていきましょう。
続きを読む

日本調剤の薬剤師として働く魅力

日本調剤の薬剤師は、どのような魅力を感じて日本調剤に就職を決めたのでしょうか?大手チェーンの調剤薬局で働くのなら、どこでも同じだから給料がいいところを選ぼうと思っている人は要注意ですよ。働く環境によって、あなたの5年後、10年後の薬剤師としての姿が変わってきます。しっかりと情報収集をして、どこで働くかをよく考えて就職、転職をしてくださいね。
続きを読む

アインファーマシーズ 薬剤師が知りたい企業情報

アインファーマシーズの薬剤師は、どのような働き方をしているのでしょうか?いくつか特徴をあげていきたいと思います。情報収集することは、アインファーマシーズで就職や転職を考えている人のみならず漠然と就職や転職を考えている人にも良い機会となりますよ。
続きを読む

調剤薬局での残業事情 薬剤師の本音

調剤薬局の残業は、薬剤師にとって避けては通れないことかもしれませんね。私たち薬剤師の仕事は、患者さん相手の仕事ですし、明日へ回すことのできない仕事も多くあります。調剤薬局に来られる患者さんが多く、忙しい日には、もちろん残業をすることがあります。病気でお薬を必要としている患者さんがすぐそこにいるのに、薬局の営業時間が終了したので閉店しますと言う対応はできませんよね。また、限られた薬剤師人数で多くの仕事をこなさなければならず、慢性的に薬剤師人数が足りない調剤薬局では残業が常態化しているところもあります。一人当たりの仕事量を減らして、残業をなくすには薬剤師人数を確保しなければいけません。しかし、経営者側にとっては、薬剤師を多く確保することは経営的に難しい面が出てきてしまいます。
続きを読む

「調剤薬局を辞めたい」と薬剤師が思うとき

調剤薬局を辞めたいと薬剤師が思うときとは、きっと仕事や労働環境に対して何か不満があるときですよね。多くの薬剤師は、どのような不満から辞めたいと思ってしまうのでしょうか?また、辞めたいと思ったときに気をつけないといけないことはどのようなことなのでしょうか?もし、あなたが現在勤めている調剤薬局を辞めたいと思ったら、辞めたいという感情に流れてしまう前にしっかりと考えなければいけないことを紹介しますね。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師のスキルアップに必要な3つの重要キーワード

調剤薬局の薬剤師は、スキルアップをどのように取り組んでいるのでしょうか?「薬剤師需要の将来動向に関する検討会」での厚生労働省試算では、2028年には、薬剤師総数は約41万人にまで増えると考えられています。一方薬剤師求人需要も増加しますが、2028年には約28万人と予想されています。その差、13万人です。13万人の薬剤師が余るということになってしまいますね。あくまでも試算ですが、薬剤師が余る時代が本当にやってくるかもしれないといことは、現実味を帯びてきましたね。これから、薬剤師にとって厳しい時代がやってくるかもしれないということを前提に薬剤師としてスキルアップしていく必要がありますね。必要とされる薬剤師になるため、今まで通りの調剤をメインにした仕事にプラスして、さらに身につけるといいスキルを3つ紹介します。
続きを読む

調剤薬局の薬剤師 昇給に対する不満や疑問

調剤薬局 薬剤師の昇給は、一般的な会社員や公務員の人と比べると曖昧で不明瞭な点が多いのが現状です。私たち薬剤師は、薬剤師国家試験に合格した人しか働けない職種なので、一般企業と比べると高い初任給が提示されています。しかし、昇給が少ないので長い目でみると高収入とは言えないかもしれません。多くの男性薬剤師にとって、そのことが悩みの種になっているようです。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師が人間関係を円滑にする秘訣!!教えます

調剤薬局 薬剤師が人間関係のトラブルを抱えて悩むことは、珍しいことではありません。1日中閉鎖的な空間で同じメンバーで働くため、一人でも気の合わない人がいると職場全体がギスギスしてしまうことがありますね。ここでは、調剤薬局で働く際に人間関係で苦労しないために心がけたいことをいくつか紹介したいと思います。
続きを読む

調剤薬局で薬剤師の知識不足が問題視されている!?

調剤薬局で薬剤師の知識として求められていることは何でしょうか?これから、医療技術の高度化に伴い、日常診療でも治療法は多岐にわたるようになってくることが予想されます。知識のない薬剤師には、医師の処方意図が理解できないことが増えていくかもしれません。今まで以上に調剤薬局の薬剤師には、幅広い分野で、高度な知識が必要とされてくるでしょう。
続きを読む

調剤薬局 薬剤師の不要論が沸き起こる~どうなる!?これからの薬剤師~

調剤薬局の薬剤師は不要なのではないかという意見がでてきています。調剤薬局を利用する患者さんが薬剤師を通じてお薬を受け取るメリットを感じていないということは、私たち薬剤師にとってとても残念なことですね。
続きを読む

イオンでは薬剤師の枠を超えた活躍ができます

イオンの薬剤師は、調剤薬局の薬剤師という概念を超えて幅広く健康に関わる仕事ができます。イオンは、多くの人が集まる場であるショッピングモールという立地を活かして、薬局を多くの人の健康づくりの拠点としたいと思っています。
続きを読む

ひまわり薬局の薬剤師について知りたい

ひまわり薬局の薬剤師は、患者さんに寄り添い、地域医療を支えています。多くの人が足を運ぶドラッグストアだからこそ、患者さんは、薬のこと、健康のこと、介護のこと、などを薬剤師に気軽に相談できます。
続きを読む

ファーコスの薬剤師は薬の専門家として患者さんの傍で働く

ファーコスでは薬剤師が、一人ひとりの専門性を高めるために努力していますよ。ファーコスは、地域の医療、福祉の向上を目指して、全国に調剤薬局を191店舗展開している会社です。
続きを読む

メディカル一光の薬剤師は、患者さんへの心づかいを第一にしています

メディカル一光の薬剤師は、患者さんのため、地域社会のために良質の医療・介護を提供したいと考えています。メディカル一光は、調剤薬局に来局される患者さんの気持ちに寄り添うことができるように、薬剤師を育成してくれる会社ですよ。
続きを読む

アイセイ薬局は薬剤師がいきいきと成長できる薬局

アイセイ薬局は薬剤師にとって、どんな魅力のある調剤薬局なのでしょうか?大手チェーンの調剤薬局で働くのなら、どこでも同じだと思っていませんか?それぞれの調剤薬局チェーンの特徴を把握してあなたの目指す薬剤師像に近づける、成長できる調剤薬局チェーンを選んでくださいね。ここでは、アイセイ薬局について紹介します。
続きを読む

クオールの薬剤師として地域社会のために働く

クオールで薬剤師として働くことを決めた人は、クオールのどんなところに魅力を感じたのでしょうか?クオールは、どのような調剤薬局チェーンなのでしょうか?クオールについて紹介していきますね。
続きを読む

トータルメディカルSVの薬剤師は、いのちに優しいまなざしを持つ

トータルメディカルSVは、薬剤師と共に患者さんのため、地域社会のために良質の医療・介護を提供したいと考え、主に福岡、北九州を中心として、調剤薬局を展開している会社です。
続きを読む

なの花薬局の薬剤師は、患者さんに元気を与える存在

なの花薬局の薬剤師は、患者さんとのつながりを何より大切にしています。なの花薬局は、患者さんのため、地域社会のために、必要とされる薬局を目指し、全国展開でありながらも、地域密着の店舗づくりを第一としています。それだけでなく、私たち薬剤師のこともきちんと考えてくれており、働く上でやりがいや達成感はもちろん、スキルが身につく環境を整えてくれているようです。
続きを読む

ファーマライズHDで薬剤師として新しい働き方を見つける

ファーマライズHDの薬剤師は、常に新しい取り組みを行っています。ファーマライズHDでは、在宅医療、医療モールの経営、スーパーやコンビニとのコラボレーション、サプリメントやアロマを用いた予防医学など、常に新しい調剤薬局のあり方を追い求めています。
続きを読む

オストジャパンGで薬剤師として地元に貢献する

オストジャパンGの薬剤師は、患者さんに共感することを大切にしています。北海道内でチェーン展開しているオストジャパンGでは、薬剤師一人ひとりの距離が近く、風通しの良いアットホームな雰囲気で、自分らしく患者さんに向き合う働き方ができます。
続きを読む

レデイ薬局の薬剤師について知りたい

レデイ薬局の薬剤師は、どのような待遇でどのような仕事をしているのでしょうか?レデイ薬局は、主に四国中国地方を中心として、地域に密着した企業として成長している会社です。特に本社のある愛媛県では、古くから地域の人に愛され、よく知られてたドラッグストアチェーンですね。
続きを読む

このページの先頭へ