オストジャパンGで薬剤師として地元に貢献する

オストジャパンGの薬剤師は、患者さんに共感することを大切にしています。

北海道内でチェーン展開しているオストジャパンGでは、薬剤師一人ひとりの距離が近く、風通しの良いアットホームな雰囲気で、自分らしく患者さんに向き合う働き方ができます。

オストジャパンGは薬剤師にとってどんな調剤薬局?

オストジャパンGで薬剤師として働きたい人が知っておきたい企業情報を紹介しますね。

オストジャパンGの本社は北海道札幌市にあり、北海道内に20店舗の調剤薬局と5店舗のドラッグストアを展開しており、地域に密着した中規模の調剤薬局チェーンです。

1992年に調剤薬局1号店を札幌市に開設し、調剤薬局事業を開始しました。現在も、北海道内にしか店舗がないため、知名度は低いかもしれませんが、北海道で働きたい人にはおすすめですよ。

オストジャパンGは調剤薬局だけでなく福祉事業も行っています。福祉事業では、グループホームやデイサービスセンターの運営をしています。

オストジャパンGの大学新卒者の初任給は270,000円で、中途採用者の初任給は経験、能力を考慮して決定されます。大手調剤薬局チェーンと比べると少し高めの初任給が提示されていますね。

諸手当としては、残業手当、通勤手当、資格手当、などの手当が用意されています。

休日は、週休2日制、年次有給休暇(初年度10日)、年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、プライベート休暇などがあります。

プライベート休暇とは、有給休暇とは別に、年1日設けられている休暇で、様々な目的で、季節を問わず取得することができます。

福利厚生としては、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金制度、社員持株会制度、JTB会員制度福利厚生サービス、親睦会などがあります。

オストジャパンGでは、年次有給休暇消化率100%を推奨しています。現状でも、有給消化率80%以上となっており、1週間程度の長期休暇を取得している薬剤師が多くいます。

会社が有給休暇取得を推奨してくれているのは、働く薬剤師にとってありがたいですね。通常、有給休暇の取得は1日単位、半日単位が一般的ですが、オストジャパンGでは、時間単位でも有給休暇の取得が可能です。

調剤薬局内でも薬剤師同士がお互いの都合を調節して、みんなが長期休暇を取りやすいよう配慮してくれているのがわかります。

オストジャパンGの薬剤師は、患者さんのために真剣に仕事に取り組んでいます

オストジャパンGの薬剤師は、患者さんやご家族の気持ちに寄り添うことを常に考え、調剤、監査、服薬指導、という一連の調剤業務を行っていきます。

まず調剤では、バーコード認証を使用した調剤過誤防止システムが、私たち薬剤師の仕事をサポートしてくれています。

医療機関での薬の取り違え、調剤過誤の報告が後を絶たない中、調剤薬局の業務として患者さんに間違いなく薬をお渡しするということは、最も疎かにしてはいけない仕事ですね。

オストジャパンGでは、調剤過誤防止システムを導入し、調剤棚に記されたバーコードをバーコードリーダーでチェックすると、入力された処方箋データとリアルタイムで照合することができます。そのため、私たち薬剤師は安心して調剤業務を行うことができますよ。

監査においても、この調剤過誤防止システムを使用することにより、薬剤師によるチェックだけでなくシステムによるダブルチェック監査を行うことができ、薬の取り違えを防止することができます。

服薬指導では、しっかりと患者さんの話に耳を傾け、患者さんの疑問にお応えしていける薬学的知識が必要となってきますね。

オストジャパンGでは、処方箋内容を理解し、薬剤相互作用や副作用についても十分な知識を持ち、服薬指導が行えるよう研修制度も充実しています。

入社後、3年目までは新入社員研修が行われます。調剤についての基礎的な知識の習得、ロールプレイング形式で患者さんへの対応ケースを学習するなどの研修が行われ、研修の最後には卒業発表があります。

卒業発表では、テーマ設定から症例調査まで自分で考え、1年くらい前から取り組んでいきます。大学での卒論のような本格的な発表内容です。

このような発表を通じて、実際の調剤薬局での仕事を学びにつなげるという視点を持つことができるようになっていきますよ。

こうして3年間の新人研修を終了すると、次は後輩をサポートしていくという仕事もしていくようになります。

実際にオストジャパンGの現場では、気軽に先輩に相談できる雰囲気があり、先輩もしっかりと後輩の成長をサポートしていきたいという責任感を持って仕事に取り組んでいるようです。

その他、学会への参加のサポートや認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師などの資格取得のサポートもしてもらえますよ。

オストジャパンGでは薬剤師のプライベート充実を大切にしてくれる

オストジャパンGでは薬剤師のプライベートが充実すると、仕事にも良い影響を与えてくれると考えられています。

そのため、長期休暇も取りやすく有休取得率も高いですよ。産休や育休から復帰して仕事を続ける女性も多くいます。平均残業時間は月平均3時間未満というデータからも働きやすさを感じられますね。

調剤薬局のような少人数で仕事を回している職場では、休みを取ると職場に迷惑をかけると思ってしまい、なかなか休みを取りにくいところも多いのですが、オストジャパンGは違います。

会社としてそこで働く私たち薬剤師の労働環境をどれくらい考えてくれているのかは、大切なことですよね。

そのような会社の方針があるからこそ、薬剤師同士もお互いを思いやり、「お互い様の精神」でみんながプライベートを充実させながら快適に仕事ができる環境を整えてくれています。

このようにプライベートを大切に働ける環境ということで、薬剤師定着率も高くなっています。

勤続年数10年以上のベテラン薬剤師が多くいてくれることは、長く働けるという働きやすさの証でもあり、働く上で安心感がありますね。

オストジャパンGを知らなかった人も、オストジャパンGの魅力について知っていただけたでしょうか。

多くの人は、求人を探すときに給料ばかり目がいってしまいますが、一番大切なのは、オストジャパンGのような働きやすさなのかもしれませんね。

労働環境が悪く薬剤師の離職率が高い調剤薬局は、ベテランがいないため常に不安定な雰囲気となってトラブルも発生しやすいです。

給料面で良い求人でも、休みが取れず病気をしても出勤しなければいけないという過酷な労働環境では仕事は続けられないですよね。

もし、あなたが転職をしようと思っているなら、自分で1つの調剤薬局に決めてしまわずに多数の調剤薬局を比較できる転職サイトに登録してみることをおすすめします。

様々な調剤薬局の情報に詳しいコンサルタントが、あなたの相談に乗ってくれます。

コンサルタントが仲介に入ってくれるので、直接は聞きにくい情報もきちんと収集できて、複数の求人情報を比較してあなたに合った調剤薬局を選ぶことができます。

特に年収は、経験、能力により優遇と記載されている場合が多いので、実際にあなたの年齢とキャリアでいくらの年収になるの知りたい、などコンサルタントを通して聞くことができます。自分で直接企業に聞くのは聞きにくいですよね。

もし、転職先の調剤薬局をもう決めていても、登録は無料なので、一度登録してみて、他の調剤薬局の条件と比較するだけでもしてみた方がいいと思いますよ。

このページの先頭へ