薬剤師が病院から調剤薬局へ転職する場合

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職しようと思う時、どのようなことを求めて転職を決めるのでしょうか?

病院薬剤師の求人は、新卒採用がほとんどで、求人数にも限りがあります。調剤薬局に比べると狭き門となります。そんな狭き門を潜り抜けた病院薬剤師でも、転職したくなる時とはどんな時でしょうか?

やりがいを求めて病院に勤務している人が多い中、それでも職場環境に不満がある場合、給料に不満がある場合、結婚などに伴う転居、など様々な理由で病院から調剤薬局への転職を考える薬剤師がいることは事実です。

薬剤師が「病院から調剤薬局へ転職しよう」と思う時って、どんな時?

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職したくなる時って、どんな時?

現在6年制の薬学部を出た新卒が「勉強したかったから」と選ぶ就職先は病院です。優秀な人材が病院へ流れていく傾向が強くなっています。

厚生労働省の調査では「病院・診療所の従事者」は薬剤師全体の18.8%(2012年)となっています。

病院での薬剤師業務は、多種多様な薬を扱う調剤、輸液のミキシング、入院患者さんへの服薬指導、チーム医療の中でチーム回診に参加、各種カンファレンスでは、薬のプロとしての発言をするなどがあります。

やりがいは大きく、向上心の強い薬剤師には人気の職場です。

勉強になるというメリットで人が集まる職場なので、給料は低めです。他の職場のドラッグストア、調剤薬局と比較しても一番安いです。

年収300万円台からスタートして平均400万円~500万円となっています。夜勤がある病院の場合は、夜勤手当がプラスされます。

病院で5年くらい働けば薬剤師としてのスキルは身に付き、そのスキルを強みに調剤薬局などに転職する、このまま病院で更に専門的な知識を身につけていく、など様々な選択肢が頭に浮かんでくるようになってきます。

病院での薬剤師業務はハードです。常に時間に追われる中、正確にスピーディに仕事をこなしていかなければいけません。

当直の当番がある病院では、定期的に当直が回ってきます。当直の仕事は若い時は大丈夫でも年齢を重ねていくと体力的に厳しいと感じることもあります。

結婚して、子育てをしながらの勤務は難しいと感じる人も多いようです。ハードな仕事と給料の低さ、これが転職へと心を動かす原動力となるようです。

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職する時、注意すること

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職しようと思ったら転職先はすぐに見つけられます。

病院での実務経験があるため、知識もスキルもあり歓迎される人材です。給料アップの交渉も可能です。

様々な調剤薬局がありますが、病院勤務経験者としてのキャリアを活かせるところとしては、大学病院や総合病院の門前調剤薬局をおすすめします。

また、最近では在宅医療に取り組んでいる調剤薬局もあり、在宅医療では高カロリー輸液のミキシング、注射処方箋の取扱いなどが必要となってくることが予想されます。

そういう場面では、病院薬剤師としての経験が活かせるのでどんどんチャレンジしていって欲しいですね。

病院から調剤薬局への転職の場合、転職後の人間関係で苦労する方が多くいらっしゃいます。

薬剤師人数が多い病院の薬剤部から、薬剤師2~3人の小さな調剤薬局に転職した場合、少人数で1日中狭い薬局内で過ごすことにストレスを感じてしまうことがあります。

また、病院で働いていた時の仕事に対する姿勢やスピード感が調剤薬局での他の薬剤師と異なってしまい、ギクシャクしてしまうこともあります。

薬剤師としての仕事が出来る以外にも、今までの経験に囚われず新しい環境に順応していける柔軟性とコミュニケーション能力が必要となるので注意してくださいね。

薬剤師の「病院から調剤薬局へ転職する際に求めるもの?」にお答えします。

薬剤師が病院から調剤薬局へ転職する際に求めるものは、勤務体系、労働条件、給料アップという点が多いようです。

病院では、入院患者さんが常にいるので24時間、365日交代でシフトを組んで勤務していきます。

お盆や正月に子どもを連れて県外の実家に帰りたいと思っても、他の人に全部、勤務が回ると思うと自分ばかりがまとめて毎回休みをもらうのは気が引けてしまいます。

子どもの学校が休みの時に、一緒に自分の仕事が休みというわけではないので、子どもとの時間を充分に過ごせないことを残念に思い転職する方もいます。

調剤薬局の場合は門前の病院外来、クリニックが休みならお盆や正月はそれに合わせて薬局も休みになります。

給料面でも調剤薬局への転職は、病院勤務の時よりアップする場合が多いです。

給料もアップして、夜勤なし、勤務時間や休みを自分の希望とする条件を満たしてくれる転職先があればいいな、と求めてしまいますよね。

しかし、2014年診療報酬改定により調剤薬局にも24時間対応を求められるようになりました。

現在でも調剤薬局では、勤務している薬剤師が交代で24時間電話対応の当番をしている、薬局長が緊急連絡用の携帯電話を持つなどの対応はしています。

これからの調剤薬局には、「開局時間以外の時間において調剤を行うにつき必要な体制が整備されていること」というさらに厳しい条件が求められています。

調剤薬局を取り巻く環境も大きく変化しているので、今まであなたが想像していた状況と現在が同じとは限らないし、友人の経験談も数年前だと現在とのずれがあるかもしれません。

そのため転職する際は、しっかりと情報を集め、慎重に次の職場を選んでくださいね。想像していた職場と違っていたなど、後から気づいてもすぐに次の職場に転職というわけにはいきません。

病院という職場を手放して転職するのなら、何となく良さそうという曖昧な感じで転職先を決めるのではなく、あなたが一番に望んでいる条件はどんなことなのか?妥協できるとしたらどのラインまでか?

土日休みなどの労働条件を第一に考えるのなら、給料のアップは我慢できるとか、給料アップを一番に考えていくのか、まずは、自分の希望を客観的に分析してみる必要があります。

その条件に照らし合わせていくための求人情報やアドバイスも必要となってきます。

やはり、一回の転職できちんと希望する職場へ転職できるようにした方が良いですよね。多くの情報を集めるという点では、転職サイトへの登録が有効となりますね。

コンサルタントがあなたの希望の条件に合った求人を見つけてきてくれます。詳しい職場環境についてなども事前に教えてもらうことができるので、あなたが求人先へ問い合わせをする必要はありません。

せっかくなので病院薬剤師としてのスキルや知識を十二分に発揮できて、あなたの希望条件を満たした調剤薬局の転職先を紹介してもらえるように、コンサルタントに依頼してみるといいと思います。

このような転職サイトを利用することで、仕事をしながらの転職活動の負荷を減らし、ストレスなくスムーズに転職することができます。

このページの先頭へ