調剤薬局 薬剤師のスキルアップに必要な3つの重要キーワード

調剤薬局の薬剤師は、スキルアップをどのように取り組んでいるのでしょうか?

「薬剤師需要の将来動向に関する検討会」での厚生労働省試算では、2028年には、薬剤師総数は約41万人にまで増えると考えられています。

一方薬剤師求人需要も増加しますが、2028年には約28万人と予想されています。その差、13万人です。13万人の薬剤師が余るということになってしまいますね。

あくまでも試算ですが、薬剤師が余る時代が本当にやってくるかもしれないといことは、現実味を帯びてきましたね。

これから、薬剤師にとって厳しい時代がやってくるかもしれないということを前提に薬剤師としてスキルアップしていく必要がありますね。

必要とされる薬剤師になるため、今まで通りの調剤をメインにした仕事にプラスして、さらに身につけるといいスキルを3つ紹介します。

調剤薬局 薬剤師のスキルアップ1 「経営、マネジメント力を身につける」

調剤薬局の薬剤師がスキルアップというと、責任のある管理薬剤師になるということを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

管理薬剤師は、調剤薬局各店舗ごとに1人ずつ在籍していることが法的に決められており、薬局長と兼任している調剤薬局が多いですね。

管理薬剤師というと、薬剤師の資格を持ち、薬剤を管理し、更にそれに関わる全ての業務や従業員の管理・指導を行っていかなければいけません。

たしかに、管理薬剤師は責任のある役職ですが、管理薬剤師の経験があるからと言ってそれが大きなスキルになるとは限らないのが実情です。

管理薬剤師は、店舗ごとに1人は必ず必要なので、薬剤師数の少ない調剤薬局なら、3年以上のキャリアがあれば20代でも管理薬剤師になることはあります。

薬剤師の正社員が1人しかいない調剤薬局などでは、必然的にその人の名前を管理薬剤師に登録することになります。

管理薬剤師経験者と言ってもレベルは様々なので、管理薬剤師経験者であることが必ずしもあなたのスキルとして高く評価されるとは限らないのです。

薬剤師としてのスキルの優位性を確保したいと考えるのならば、さらにプラスアルファのスキルやキャリアを上乗せする必要がありますね。

これからは、管理薬剤師の仕事に就き、医薬品の管理を行うだけでなく、そこからさらにステップアップして売上高や利益を意識した店舗運営を行っていくことを意識してみて下さい。

そうすると、エリアマネージャーや経営幹部へ進むということも自然に視野に入ってきますね。

現在、調剤薬局業界はM&Aが盛んに行われ、大手調剤薬局グループは大規模化、高機能化が進み、設備投資、人材育成などに力を入れてきていますね。

どこの調剤薬局グループもしっかりと組織化して、人や設備に投資し、マネジメントしていかなければ生き残れない時代になってきています。

その中で、組織マネジメントや薬局経営に関するスキルを身につけることができれば、激変する調剤薬局業界で必要とされる人材になることは間違いありません。

調剤薬局 薬剤師のスキルアップ2 「在宅医療に参加する」

調剤薬局の薬剤師 スキルというと、今までは調剤を行うことをメインにしてきました。

しかし、これから私たち薬剤師は、調剤薬局の調剤室から飛び出して地域社会、在宅へと活躍の幅を広げる時を迎えています。

私たち薬剤師が今後身につけたいスキルとして注目を集めているものの1つに「在宅医療」があります。

在宅医療の中では、注射薬や中心静脈栄養などが使われるので、調剤薬局の薬剤師も注射剤を調剤できるスキルが求められてきますね。

注射剤の調剤をしたことがない薬剤師も、在宅医療に関わることで注射剤調剤のスキルを身につけるチャンスとなりますよ。

また、残薬確認、複数の医療機関から処方されている薬の重複がないかどうかの確認、OTC薬との併用禁忌や相互作用の確認など多くの業務を薬剤師は期待されています。

今まで、調剤薬局内に閉じこもり気味だった私たち薬剤師にとって、在宅医療に関わることは新しい世界への扉を開くことになるのですね。

在宅医療では、患者さんのお宅にお邪魔して話を聞くことになるので、私たち薬剤師は今まで以上に患者さんやその家族から信頼を得ることが必要となってきます。

そのような患者さんと密接に関わっていく在宅医療を行うことで、高いコミュニケーションスキルが備わってくると思います。

また、チーム医療の一員として、医師や看護師、介護スタッフと連携して行う仕事となるので、他職種の人へ薬学的観点からの意見をしっかりと伝えるスキルが必要です。

しっかりとした薬学知識と高いコミュニケーションスキル、さらに他職種への薬学的観点からの助言など、在宅医療に関わる薬剤師に求められるスキルはハイレベルのものばかりです。

そんな在宅医療の世界に飛び込んでいき、必死に学んでいくことで多くのスキルを身につけることができるのは確実です。

調剤薬局 薬剤師のスキルアップ3 「専門性を高める」

調剤薬局の薬剤師にスキルアップについて尋ねると、「専門スキルを高めたい」という答えが多く聞かれます。

専門性を持った薬剤師として活躍したいと考えた場合、思い浮かぶのが「認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得すること」ですね。

一定以上の経験年数を持ち、各種団体が定める研修課程を修め、あるいは試験に合格することで認定薬剤師や専門薬剤師といった資格を習得することができます。

私たち薬剤師の知識やスキルは短期間に簡単に身につくようなものではありません。継続して勉強し続けなければいけません。

とはいえ、誰でも1人きりで努力を続けることは難しく、限界があります。

そこで、大切になってくるのが環境と仲間です。一緒に頑張る仲間に囲まれて、一緒に頑張れる環境があると力強い支えとなってくれます。

例えば、糖尿病の専門知識を高めたいと思った場合、糖尿病専門医院の門前の調剤薬局に転職するなどの方法が良いと思います。

自然と糖尿病の処方に多く触れることができ、同じように糖尿病の専門スキルを高めていきたいという思いを持って働く薬剤師の仲間が周りにできますよ。

学会などに参加するなど、薬局の外に出て専門スキルの勉強することも大切となってきます。

私たち薬剤師は、知識やスキルが足りないことで、患者さんを不幸にしてしまう恐れのある職業です。

医療の高度化、専門科が進むにつれて私たち薬剤師も医薬品に関して高い専門性が求められるようになりました。

例えば、癌、小児科、精神科、漢方など特定の認定薬剤師、専門薬剤師の資格を持つことで、社会からも薬局経営者からも必要とされる薬剤師になることができますね。

あなたの薬剤師としての付加価値を高める為にも専門スキルを身につけ、勉強に取り組んでください。

調剤薬局の薬剤師 スキルアップで時代に求められる人材になる

調剤薬局の薬剤師がスキルアップする際に、これから必要となるスキルを3つ紹介しましたが、3つとも全て身につける必要はありません。

調剤薬局を取り巻く環境は大きく変化しており、私たち薬剤師のキャリアの幅も広がってきています。

あなたはどんな道へ進み、スキルアップしていくことが、あなたに向いているのかを考えて動き出すことが大切となってきます。

経営やマネジメントなど薬局ビジネスに興味がある場合は、プラスアルファのスキルとして経営を選ぶといいと思います。

患者さんの身近でもっと薬剤師として働きたいと考えるのならば、在宅医療をおすすめします。

専門知識を学びたいという気持ちが強いのであれば、認定薬剤師・専門薬剤師などにチャレンジしてみるのも良いと思います。

どんな分野でもいいのであなたに合ったスキルアップに取り組んでいくとこが、時代に求められる薬剤師になる正攻法になりますね。

スキルアップしていくのに、必要な環境が今のあなたの周りに整えられているのか冷静に考えることも大切となってきますよ。

経営力を身につけたいのならば、成長著しい大手調剤薬局チェーンに在籍していることが近道となりますよね。

在宅医療に関わっていきたいのならば、在宅医療に積極的に取り組んでいて、無菌調剤設備なども整った調剤薬局にいることが必要となります。

何か専門知識を深めていきたいと考えているのならば、あなたのいる調剤薬局にはその分野の患者が多く集まる環境であるかどうか、考えてみて下さい。

もし、現在あなたがいる環境が、あなたのスキルアップに繋がらないと思ったら、他の店舗に異動願いを出してみる、より魅力的な職場へ転職するなどの選択肢が出てくると思います。

大手チェーン調剤薬局なら、様々な店舗を抱えているので異動することで、スキルアップを可能にすることができるかもしれません。

もし転職するしか選択肢がない場合には、転職を考えていくことになると思います。

その場合には、転職サイトに登録することをおすすめします。コンサルタントという心強い存在があなたの転職をサポートしてくれます。

自分だけで情報を集めていても、あなたのスキルアップに繋がる求人を見つけることは、時間がかかってしまい難しいかもしれません。

あなたの大切な転職、失敗はしたくないですよね。あなたがどんなスキルアップの目標を思い描いているのか、きちんとコンサルタントに伝えてみて下さい。

コンサルタントがあなたのスキルアップへの思いをしっかりと汲み取ってくれて、スキルアップが実現できる調剤薬局をあなたと一緒に探してくれます。

経験豊富なコンサルタントの力を借りることで、あなたのスキルアップに繋がる転職を成功させる近道となりますよ。

このページの先頭へ