調剤薬局 薬剤師の服薬指導トラブル、あなたは大丈夫?

調剤薬局 薬剤師の服薬指導は大切な仕事のひとつですね。

薬剤師に求められるスキルとして、コミュニケーションスキルが挙げられますが、これはまさに服薬指導を行うために必要だからですよね。

服薬指導は、短時間に患者さんから情報を聞きだし、患者さんが求める情報を伝えるという高度なコミュニケーションスキルが必要な仕事なのです。

調剤薬局 薬剤師が服薬指導を行う必要性

調剤薬局で薬剤師が服薬指導を行う場合、どのように行われているのでしょうか?

服薬指導では、薬の効能効果、副作用、薬の正しい使用法など、薬に関する情報を患者さんに説明しなければいけません。

例えば、薬を服用することによって尿の色が変わるような薬が処方されている場合、そのことを患者さんに伝えなければ、患者さんは自分の病気が悪化したのではないかと不安になってしまいますよね。

また、今まで服用していた薬から新しい薬に変更になった時や、追加の薬が処方された場合にも説明が必要となります。薬は正しく使われてこそ有効なものとなります。

服薬指導は、薬を正しく服用するための情報を提供することで、患者さんのコンプライアンスを向上させ、治療の助けとなる、私たち薬剤師にとって、とても重要な仕事ですね。

もちろん、医療機関を受診した際には、医師から処方薬について説明を受けている場合もあります。

患者さんの中には、診察時、医師には質問しづらくて出来なかった、聞こうと思っていたことを聞き忘れてしまったなど、薬について疑問を抱えたまま薬局に来店されることも多いです。

そのような場合、私たちの服薬指導が役に立てると思います。

調剤薬局 薬剤師の服薬指導でトラブル!? 患者さんが抱える不満が爆発

調剤薬局 薬剤師の服薬指導に対して、患者さんは不快に感じている場合が意外と多くあるのです。

調剤薬局で小さな不満を毎回患者さんが抱えている場合、いつかは大きなトラブルに発展する危険性も考えられますね。

薬剤師の不適切、不十分な服薬指導により、患者さんとのトラブルを招いてしまわないためにも円滑なコミュニケーションを取っていかなければいけません。

では、実際患者さんは調剤薬局での服薬指導にどのような不満や不快感を持っているのでしょうか?

毎回「お変わりはないですか?」「ちゃんと飲んでいますか?」「今日はどうされましたか?」などマニュアル通りのことを聞かれる。

これは、私たち薬剤師が多用してしまうセリフで、薬歴を記載するために必要な情報を聞き出すための言動なのですが、あまりにも機械的に発せられる質問に患者さんはイラッとしてしまうようです。

この質問の返答で患者さんが「症状が変わった」と伝えても薬剤師は「医師に相談してください」、「薬を変えたい」と言っても「医師の指示がないとできません」、質問しておきながら、患者の希望には何も対応できない。

ただ聞いて薬歴に記入し、指導料を算定するという形式だけの服薬指導に対して不満を感じているのですね。

この対策としては、薬歴を毎回記入しているのならば、前回の情報を参考にした質問に変えるなど工夫ができると思います。

例えば「前回、来られた時から少し期間が空いていますが、薬は足りていましたか?」とか、「前回、薬が変更になってその後どうですか?」など、型通りみんなに同じこと言うのではなく、その人の為の質問や言葉かけを心がけていくことが大切になってきますね。

毎回「薬の説明書」を渡されるが、同じ薬で同じ内容の紙なのでいらない

患者さんにとっては、この「薬の説明書」を渡すことで指導料としてお金を取られていることが不満に繋がるようです。

また、今は「薬の説明書」として渡される紙の内容より、インターネットで調べた方が薬の内容や副作用、値段まで詳しい内容がわかるという面もありますね。

「薬の説明書」には、患者さんに不安を与えるような発生頻度の低い副作用はあえて記載されていません。そのことで、「薬の説明書」を内容が無いとみなしてしまう患者さんもいるかもしれません。

「薬の説明書」はおまけで渡すものとして、本来の服薬指導をしっかりと行っていれば、このような不満の声は出てこなくなると思います。

調剤薬局の薬剤師がもっと信頼され、診察は医師にしてもらうけど、薬のことは薬の専門家である薬剤師に直接聞きたいと思ってもらえるようになる必要がありますね。

専門用語を使って一方的に話をされる

薬剤師の間では、日常会話に出てくる用語でも患者さんにとっては、わからないことは多くあります。

例えば、「相互作用」は薬剤師が何気なく使う言葉なのですが、初めて聞く人にはよくわかりません。

わかりやすく「2つ以上の薬を飲み合わせる場合には、薬の作用が強くなったり弱くなったりと変化することがある」など説明が必要な場合もありますね。

また、立派に思われたくて、聞かれてもいないのに難しいことをたくさん話し始める薬剤師も患者さんにとっては迷惑です。

服薬指導とは、テストの答案用紙に答えを記入する行為とは異なり、薬の知識と相手がいて初めて成り立つコミュニケーションです。

どれだけ専門知識を持っているかを披露するのではなく、相手がどんなことを聞きたいのか、何を求めているのかをしっかりと把握して相手に合わせた対応がとれる必要がありますね。

調剤薬局での薬剤師 服薬指導スキルを身につけるには

調剤薬局での薬剤師は服薬指導をどのように上達させていくのでしょうか?

大学の授業や国家試験の勉強では、服薬指導に役立つコミュニケーション能力を育てることは難しいです。

実際に多くの調剤薬局 薬剤師は、就職後実務経験を通じて服薬指導ができるようになっていきます。

例えは、副作用を伝える場合でも添付文書に記載してある副作用を隅から隅まで説明する必要はありません。そんなことをしたら、患者さんに過度の不安を与えてしまいますよね。

どんな薬にも副作用はあります。その中でも胃痛や吐き気、便秘、下痢といった自覚症状として現れやすい副作用、眠気などの生活上の注意が必要な副作用について主に説明していくことが、患者さんにわかりやすく副作用を伝えていくことになりますね。

患者さんとの円滑なコミュニケーションの中から、副作用の発現を発見できることもあります。

服薬指導のスキルは個人のコミュニケーションスキルのレベルに依存してしまいます。薬剤師としての服薬指導スキルを上げるためには、あなたのコミュニケーションスキルを上げていかなければいけません。

コミュニケーションスキルを上げるハウツー本を読んでも、実践を伴わなければ、残念ながらコミュニケーションスキルが上がることはほとんどありません。

では、どうすればいいのかと言うと、一番有効なのは、同じ調剤薬局で働く、患者さんに人気のある先輩薬剤師の服薬指導を観察し、真似してみて下さい。

観察して、真似することで、会話の中での間の取り方、相槌のタイミング、話す速度、コミュニケーションを上手くとるエッセンスがあなたの中に徐々に入ってきますよ。

しかし、現在の職場にあなたが目標とする憧れの先輩薬剤師がいない場合、どこから学んでいけばいいのかと不安になってしまいますね。

そんな時には、他の店舗への異動を希望してみるなどの方法で目標とする先輩薬剤師に出会えるかもしれません。

それでもダメな時は、転職を考えてみることになるかもしれませんね。

転職は、あなたの人生にとって大きな変化となることなので慎重に考えなければいけないのですが、薬剤師として服薬指導のスキルが未熟なまま何年も過ごしてしまうことは、あなたの薬剤師人生に大きなマイナスとなってしまいます。

もし、あなたが、上手く患者さんとコミュニケーションを取れず、服薬指導に苦労しているようなら、転職を考えてみて下さい。

そんな時は、転職サイトに登録するといいですよ。

コンサルタントが仲介してくれて、給料や労働条件、休日、勤務地などあなたの希望の求人を見つけてきてくれます。

気になる調剤薬局に実際に見学に行き話を聞くこともできます。見学に行った際には、企業の人事が案内することもありますが、薬局長か、管理薬剤師がそこの調剤薬局の業務について説明してくれる場合もあります。

そこで、薬局長か、管理薬剤師と話をすることで、人柄やあなたとの相性が少しは、わかると思います。

また、そこで働く薬剤師が実際に服薬指導をしている姿を見ことができるようにとお願いすれば、見学で服薬指導をしている様子を見ることもできますよ。

高いコミュニケーションスキルを持ち、お手本として真似るに値する薬剤師に出会えるかもしれません。

その後お断りする場合も、コンサルタントがあなたの代わりにしてくるので転職の際にかかる精神的なストレスが大きく軽減できますよ。

このページの先頭へ